[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織が恩師チャンコーチ偉業の質問に茶目っ気「その時は生きていなかった」

26日に行われた全仏オープンテニス1回戦で、カンタン・アリス(フランス)をストレートで下した錦織圭(日清食品)が試合後の記者会見で報道陣の笑いを誘った。

全仏オープン2回戦進出を決めた錦織【写真:Getty Images】
全仏オープン2回戦進出を決めた錦織【写真:Getty Images】

17歳で優勝した1989年全仏オープンの偉業から30年

 26日に行われた全仏オープンテニス1回戦で、カンタン・アリス(フランス)をストレートで下した錦織圭(日清食品)が試合後の記者会見で報道陣の笑いを誘った。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 会見場が一気に和んだのは、恩師マイケル・チャンコーチについての質問が飛んだ時だった。チャンコーチと言えば、1989年の全仏オープンで17歳3か月の若さで優勝。これは男子テニス四大大会を通じて最年少優勝記録となっている。この偉業から30年目の今年は、大会前から大きな話題となっていた。

 会見でチャンコーチの偉業についての思いを問われた錦織は、「今はもちろん考えられないですね。17歳で優勝するというのは、なかなか。プラス、5セットだし。メンタル的にもまだ成長し切れていない部分は、多分ジュニアの頃はあるので、その頃にグランドスラムで優勝するっていうのは……」と驚嘆。だが、次の瞬間に「う~ん、昔は……」と考え込んだかと思うと、「(僕は)その時は生きていなかったんで分からないんですけど」といたずらっぽく笑いながら言葉をつなぎ、報道陣から笑いを誘った。

 錦織はチャンコーチが全仏優勝を飾った1989年生まれだが、誕生日は12月29日。男子シングルス決勝が行われた6月11日には、まだこの世に生を受けていなかった。

 これまでの全仏では準々決勝進出が最高の錦織だが、恩師の偉業から30周年の節目に初優勝ともなれば、これ以上の恩返しはないかもしれない。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集