[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織にストレート負けの地元若手アリス、自滅ミス猛省「こんなプレーしていたら…」

テニスの四大大会、全仏オープンが26日に開幕し、男子シングルス1回戦では第7シードの錦織圭(日清食品)が世界ランク153位のカンタン・アリス(フランス)を6-2、6-3、6-4のストレートで下し、5年連続8度目の2回戦進出を決めた。第3セットに2ゲームを先取しながら敗れたアリスは「自分がこんなプレーをしていたら、彼には特別やることはなかった」と自滅ミスを猛省した。

一回戦で錦織に敗れたカンタン・アリス【写真:Getty Images】
一回戦で錦織に敗れたカンタン・アリス【写真:Getty Images】

第3セットに2ゲーム先取も「厳しかった」

 テニスの四大大会、全仏オープンが26日に開幕し、男子シングルス1回戦では第7シードの錦織圭(日清食品)が世界ランク153位のカンタン・アリス(フランス)を6-2、6-3、6-4のストレートで下し、5年連続8度目の2回戦進出を決めた。第3セットに2ゲームを先取しながら敗れたアリスは「自分がこんなプレーをしていたら、彼には特別やることはなかった」と自滅ミスを猛省した。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 第1セットは2-6であっさり落としたアリスだが、第2セット中盤から191センチの長身を生かしたパワフルなプレーを連発。時速200キロを超える高速サーブでたびたびエースを奪うなど、持ち味を見せ始めた。第3セットでは第1ゲームでブレークに成功するなど2ゲームを先取。地元の声援に後押しも受けたが、ダブルフォールトでポイントを許すなどし、追い込めなかった。

 試合後に記者会見に臨んだアリスは「第3セットはいいプレーができたと思う」と振り返ったが、「僕よりかなり強かった」と錦織に完敗宣言。続いて「自分がこんなプレーをしていたら、彼には特別やることはなかった」と反省も忘れなかった。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集