[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は今、世界最強か 英誌企画で記者8人激論「米国人は気分害するだろうが…」

「モンスター最強の強い証拠ある」「ワクワク感はウシク、ロマ超え」

 一方、ルーク・バイロン記者は「自分はクロフォードの方が好きだけど、他の意見が間違っていると主張もできない。明確なトップ選手が存在しない現状で、自分の名前を“最強”の議論に加えていること自体が偉業だと言えよう」と主張。クロフォード支持の声も上がっていたが、一様に井上の実力を称賛している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 リー・ゴームリー記者は「現在PFP5傑であることに疑いの余地はない」と分析。順不同として、ロマチェンコ、クロフォード、ウシク、カネロ、井上を世界5傑とした上で「モンスターが彼らの中で最強であるという強い証拠もある」「世界NO1の座を確固たるものにするのは時間の問題に過ぎない」と絶賛。近い将来、PFP最高位に井上が輝くだろうと予想した。

 ダニー・ウィンターボトム記者は「イノウエの対戦相手のレベルを考えると個人的なPFPトップであるウシク、ロマチェンコに近づいた。純粋なワクワク感からいえば、彼らを超越した」と評価。5階級制覇王者ドネアとの決勝後には元WBC王者ルイス・ネリ、スーパーバンタム級ギジェルモ・リゴンドーとの対決を「見たい」と心待ちにしていた。

 クリス・ウィリアムソン記者は「未だにウシクとロマチェンコが現時点でわずかに上だが、差は全く大きくない」と指摘。アンソニー・コックス記者は「イノウエは現時点で世界トップ3位のボクサーと認識されなければいけない」と提言し、現時点で世界3傑という評価だった。

 ルーク・ウィリアムズ記者は「ウシクとクロフォードが達成度に関しては世界一。ド派手なスキルではロマ、純粋な破壊力で見るならイノウエだ」と評価。井上はもともと国際的な評価を手にしていたが、こうした議論が行われるのもさらに評価を高めたことの裏返し。この男なら、日本人ファイターのPFP1位誕生という夢も見たくなる。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集