[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の激走生還阻んだ 相手中堅手の“鮮烈ノーバンレーザー”は158キロ記録

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地ツインズ戦で今季初の猛打賞をマーク。前日の今季1号に続き、復活をアピールした。8回には二塁から快足を飛ばして果敢に本塁を狙ったが、クロスプレーの末に中堅手の好返球に阻まれた。

ツインズ戦に出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
ツインズ戦に出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

8回にツインズ中堅手バクストンの送球は77.1メートルから158キロ記録

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地ツインズ戦で今季初の猛打賞をマーク。前日の今季1号に続き、復活をアピールした。8回には二塁から快足を飛ばして果敢に本塁を狙ったが、クロスプレーの末に中堅手の好返球に阻まれた。これが253フィート(約77.1メートル)から放たれ、98.6マイル(約158.7キロ)と驚異の記録だったという。米記者が実際の動画とともにレポートしている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 大谷の激走が阻まれた。1点を追う8回1死で迎えた第4打席でボテボテのゴロに快足を飛ばし、投手内野安打をもぎ取った大谷。後続の安打で好機が広がり、2死一、二塁とし、グッドウィンの中前打で二塁から一気に本塁を狙った。これに立ちはだかったのが、ツインズの中堅手バクストンだった。

 チャージして拾い上げると、右腕をぶん回した。矢のような送球は失速することなく、ノーバウンドのまま捕手のミットへ。本塁へ突っ込んできた大谷。微妙な判定だったが、ジャッジはアウトだ。果敢にクロスプレーを試みた俊足の二刀流を見事に刺してみせた。圧巻のレーザービームだった。

 MLB公式サイトのエンゼルス番記者レット・ボリンジャー氏は自身のツイッターで「スタットキャストによると、バイロン・バクストンがオオタニをアウトにした本塁送球は98.6マイル、253フィートからのものだった」と速報。25歳の強肩外野手が大谷の前に見事に立ちはだかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集