[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織×ジョコビッチ、笑撃スマッシュミスの応酬に再脚光「自分を安心させてくれる」

テニスの世界ランク7位の錦織圭(日清食品)は次戦はマドリードオープン(5日開幕)に出場予定。バルセロナオープンは4強入りし、復調を印象付けた。昨年はマドリード、続くイタリア国際と天敵ノバク・ジョコビッチ(セルビア)と連戦。いずれも敗れたが、両試合では両選手が衝撃的なスマッシュミスを犯していた。ATP公式中継サイト「テニスTV」は1年前の両者のミスシーンを公開。名手らしからぬプレーに、ファンからは笑いが起きている。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

1年前のマドリード、ローマでの両者のスマッシュミスに再脚光

 テニスの世界ランク7位の錦織圭(日清食品)は次戦はマドリード・オープン(5日開幕)に出場予定。バルセロナ・オープンは4強入りし、復調を印象付けた。昨年はマドリード、続くイタリア国際と天敵ノバク・ジョコビッチ(セルビア)と連戦。いずれも敗れたが、両試合では両選手が驚きのスマッシュミスを犯していた。ATP公式中継サイト「テニスTV」は1年前の両者のミスシーンを公開。名手らしからぬプレーに、ファンからは笑いが起きている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 弘法にも筆の誤り、名手にもミスショット――。テニスTVが1年前のクレーシーズンで起きた2つのミスに脚光を浴びせている。

 1年前のマドリード。1回戦で錦織とジョコビッチの対決が実現した。第2セット、第7ゲーム。ジョコビッチは絶好のチャンスボールに対して、ネット際でまさかの凡ミスとなった。勢い良くラケットを振り抜いたが、ネットに引っ掛かってしまった。錦織も完全に諦めていた状況。ジョコビッチは肩を落とすしかなかった。

 だが、これでは終わらない。続くイタリア国際、ローマの準々決勝の舞台で再び相まみえた両者。1-1で迎えたファイナルセットの第3ゲームだ。今度は錦織にチャンスが訪れる。高く上がったボールをワンバウンドさせ、狙いすましてスマッシュを放ったのだが、これがまさかのネットに。ジョコビッチにお返しとばかりのミスショットとなってしまった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集