[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

BMX内野洋平が10度目世界王者に! ラスト20秒で新トリック成功「自分でも痺れた」

イベントの発起人であり、オーガナイザーを務める内野【写真:荒川祐史】
イベントの発起人であり、オーガナイザーを務める内野【写真:荒川祐史】

新トリックのみで臨んだ背水の陣「決めたら負けない自信はあった」

「ARK LEAGUE」は今大会から舞台を神奈川県寒川町に移した。イベントの発起人であり、オーガナイザーを務める内野は、準備に忙殺される日々。なかなか練習する時間が取れずにいたが、それでも昨年8月頃から準備を始めた「ニュートリックだけで臨もう」と決めていたという。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

「ニュートリックしか用意していなかった。決めたら負けない自信はあったけど、今までのルーティンやトリックは一切練習していなかったので、最後に簡単に作戦を変更できる状態にはなかったんです。本当にギリギリの戦いでした。去年の8月頃から準備を始め、ここまで作った技。広島で開催されたFISEで試したけれど、ここ1週間くらいはBMXに乗る時間すらなかった。不安だらけの決勝でしたが、ラスト20秒でやりました!」

 表彰式では、ここまで共に大会準備を進めてきた木村俊雄・寒川町長から優勝トロフィーと賞金2万ドルの目録を手渡され、大きなハグを交わした。町長から「本当におめでとう。ストリートスポーツを寒川に根付かせてほしい。これを寒川の新しい幕開けとしたい」と声を掛けられた内野は、「寒川町の皆さんと一体となって、ここまで大きなイベントを開催できた。顔なじみになった地元の子ども達から『ウッチー』と大きな声援をもらったことがうれしい。『FLAT ARK』からいいスタートが切れました」と喜んだ。

 BMXフラットランドは、2024年パリ五輪の追加種目候補となっている。現在、36歳の内野だが「選手としてまだまだ続けていくつもり」と、その視界の中にパリ大会出場を据えている。「今年3つは世界タイトルを獲るつもり。まず1つ獲れたので本当によかったです」。平成最後の世界タイトルを足掛かりに、新時代「令和」でも大暴れしたい。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集