[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

相手のスマッシュを… ナダルの“超速フォアハンド”に海外騒然「凄くないか?」

男子テニスのモンテカルロ・マスターズは19日、シングルス準々決勝で世界ランク2位ラファエル・ナダル(スペイン)が同35位のグイド・ペジャ(アルゼンチン)に7-6、6-3でストレート勝ち。5年連続4強を決めた。クレーシーズン初戦で「赤土の王者」らしい強さを発揮したが、第2セットには相手のスマッシュを読み切り、凄まじい速度のフォアハンドでポイントを奪うスーパーショットを炸裂。

ラファエル・ナダルがグイド・ペジャにストレート勝ち【写真:Getty Images】
ラファエル・ナダルがグイド・ペジャにストレート勝ち【写真:Getty Images】

相手のスマッシュを読み切り、痛烈パッシングショットに脚光「素晴らしすぎる」

 男子テニスのモンテカルロ・マスターズは19日、シングルス準々決勝で世界ランク2位ラファエル・ナダル(スペイン)が同35位のグイド・ペジャ(アルゼンチン)に7-6、6-3でストレート勝ち。5年連続4強を決めた。クレーシーズン初戦で「赤土の王者」らしい強さを発揮したが、第2セットには相手のスマッシュを読み切り、凄まじい速度のフォアハンドでポイントを奪うスーパーショットを炸裂。海外メディアが動画付きで公開し、海外ファンを「凄くないか?」「どうやって?」と騒然とさせている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 これぞ、「赤土の王者」だ。モンテカルロのファンを熱狂させたのは第2セット、ナダルがワンセットアップで迎えた第5ゲームだった。

 相手のサービスをリターンしたナダル。続けて、バックサイドを強烈に突かれ、なんとか追いついたが、返すだけとなった。山なりのチャンスボールがペジャのもとへ上がる。ネット際に前進していたペジャは、余裕をもってワンバウンドさせると、思い切りスマッシュをかました。ナダルにとっては絶体絶命、そう思った次の瞬間だった。

 ナダルは相手の動きを読み、中央からフォアサイドに走る。そして、強烈な一撃に追いつくと、渾身のフォアハンドを一閃。勝負を決めたはずのペラの脇を抜き、逆にポイントを奪ってみせたのだ。信じられない反応から放ったパッシングショットに会場も騒然。割れんばかりの歓声が降り注ぎ、ナダルも思わずガッツポーズが飛び出した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集