[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

49日間ホームゲームなし 異例の“死のロード”にファン困惑「嘘だろ!!」「残酷だ」

米ナショナルフットボールリーグ(NFL)の2019年のスケジュールが現地時間17日に発表されたが、現地で話題を呼んでいるのはレイダースとバッカニアーズのいびつな日程だ。なんと49日間もホームゲームが行われないのだ。これにファンからは怒りの声が上がっている

バッカニアーズファン【写真:Getty Images】
バッカニアーズファン【写真:Getty Images】

レイダース、バッカニアーズの2チームが49日間本拠地開催なしの悲劇

 米ナショナルフットボールリーグ(NFL)の2019年のスケジュールが現地時間17日に発表されたが、現地で話題を呼んでいるのはレイダースとバッカニアーズのいびつな日程だ。なんと49日間もホームゲームが行われないのだ。これにファンからは怒りの声が上がっている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 NFL100シーズン目というメモリアルイヤー。ファンにとっては全日程が決まり、開幕が待ち遠しいところだが、現地では2チームのファンから不満の声が噴出している。米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「For The Win」は「レイダースとバッカニアーズが2019年に49日間ホームゲームなし。ファンは幸せではない」の見出しで特集を展開している。

「2019年シーズンのNFLのスケジュールが水曜日にリリースされ、オークランド・レイダースとタンパベイ・バッカニアーズのファンは2度チェックが必要だっただろう。なぜなら両チームは非常に奇妙なスケジュールを組まれており、49日間ホームゲームがないのだ」

 こう驚きの日程を伝えている。記事によるとレイダースは9月15日のホームゲームのあと、4試合連続で敵地で戦い、さらにロンドンでベアーズとゲームを行った後、バイウィークに入り、次のホームゲームは11月3日だという。

 またバッカニアーズも同様に9月22日のホームゲームの後は4試合連続でアウェーで戦い、ロンドンでのパンサーズ戦の後、バイウィーク明けの11月10日にカーディナルスと49日ぶりのホームゲームを行うことになっている。

「長い移動距離のある、非常に厳しいスケジュールだ」と記事では過酷さを伝えている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集