[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アーモンドアイ、凱旋門賞見送りに海外ファンの反応は? 「残念なニュース。でも…」

競馬のドバイターフ(G1、芝1800メートル)で鮮烈な世界デビューを飾ったアーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄)は、参戦が噂されていた10月の凱旋門賞(G1、芝2400メートル)の出走を見送り、国内レースに専念することになった。世界最強馬エネイブル(牝5・英国)と激突なら世界的にも注目されたが、幻となり海外の競馬ファンも落胆している。

アーモンドアイ【写真:Getty Images】
アーモンドアイ【写真:Getty Images】

最強馬エネイブルとの激突は幻に…

 競馬のドバイターフ(G1、芝1800メートル)で鮮烈な世界デビューを飾ったアーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄)は、参戦が噂されていた10月の凱旋門賞(G1、芝2400メートル)の出走を見送り、国内レースに専念することになった。世界最強馬エネイブル(牝5・英国)と激突なら世界的にも注目されたが、幻となり海外の競馬ファンも落胆している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 アーモンドアイ、凱旋門賞見送り――。このニュースは日本の競馬ファンのみならず、海外にも衝撃が広がっている。海外ブックメーカーでは3連覇を狙うエネイブルとともに1番人気級のオッズがつけられていただけに、英専門誌「レーシングポスト」など、欧州のメディアもこぞって取り上げている。

 海外競馬専門サイト「ワールドホースレーシング」も公式ツイッターで「アーモンドアイは凱旋門賞に出場しない。日本のスターは10月にエネイブルと対戦しないことに、失望してしている人は?」のタイトルでファンに呼びかけると、反響のコメントが続々と寄せられている。

「わたし」
「本当に残念なニュース。でもトレーナーはベストな状態を知っている」
「えぇ??」
「彼女が健康であれば気にしない!」

 日本の競馬界にとって凱旋門賞制覇は悲願。昨年のクリンチャーまで延べ23頭が挑戦したが、2着が最高だ。アーモンドアイなら、という声も少なくなかっただけに、今年も幻に終わってしまうのか。それとも――。意思を受け継ぐ挑戦者は現れるだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集