[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

歴代NO1級のミス!? PSGの“味方のシュート阻止”が断トツ支持「不可解に得点を…」

海外サッカーのフランスリーグ1部パリ・サンジェルマンのFWが味方のシュートをゴールライン上で止めてしまうという前代未聞のミスが話題を呼んでいるが、米スポーツ専門局「ESPN」は海外サッカーで起きた歴代ミス10選と合わせ、ファン投票を動画付きで実施。あろうことか、今回の一件が断トツの票を集めてしまっている。

シュポモティング【写真:Getty Images】
シュポモティング【写真:Getty Images】

話題の前代未聞のミス、ESPNが歴代ミス10選として投票実施、途中経過は…

 海外サッカーのフランスリーグ1部パリ・サンジェルマンのFWが味方のシュートをゴールライン上で止めてしまうという前代未聞のミスが話題を呼んでいるが、米スポーツ専門局「ESPN」は海外サッカーで起きた歴代ミス10選と合わせ、ファン投票を動画付きで実施。あろうことか、今回の一件が断トツの票を集めてしまっている。

【特集】オリンピックは「5回くらい出たい」 “想像の先”を歩き続ける成長物語 / 卓球 張本智和選手(GROWINGへ)

 前代未聞のミスが起きたのは、7日(日本時間8日)のストラスブール戦だった。勝てばリーグ連覇が決まる大一番、1-1で迎えた前半28分だ。敵陣ペナルティエリア内の右から抜け出したMFヌクンクがGKとの1対1で浮き球でゴールを狙った。わずかにGKが触れたが、そのままゴール方向へ。カバーしたDFも触れず、味方は触っても触らなくてもゴールになるという状況だった。

 しかし、次の瞬間だ。カメルーン代表FWシュポモティングが中途半端な形で左足で触れてしまい、なんとボールはゴールライン上でストップ。自らはゴールネットに吸い込まれたが、ボールはゴールラインを割らず、すかさず相手DFがクリアしてしまったのだ。何が起きたのか理解できないスタジアムは騒然となり、実況は「アンビリーバブル!」と絶叫していた。

 海外メディアは実際のシーンを動画付きで公開。シュポモティング本人は呆然とした表情で、ベンチにいたフランス代表FWエムバペも信じられないといった表情だった。各国で大きく取り上げられる中、米スポーツ専門局「ESPN」は「投票:エリック・シュポモティングが見せたPSGでの壮大なミスは、これらチャンスを拒んだミスよりも酷い?」と題し、珍企画を組んだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集