[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

出社した頃に疲れてませんか? 1日を変える朝食は「糖質+タンパク質」にあり

「THE ANSWER」は忙しく働く大人世代が日常のパフォーマンスを上げる方法を“食”から考える新連載「働く人の食事術」をスタート。Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が指南する。

朝食抜きだと、1日に必要な栄養・エネルギー量ともに追いつかない
朝食抜きだと、1日に必要な栄養・エネルギー量ともに追いつかない

新連載「働く人の食事術」―忙しい社会人が摂るべき「朝食」は何なのか

「THE ANSWER」は忙しく働く大人世代が日常のパフォーマンスを上げる方法を“食”から考える新連載「働く人の食事術」をスタート。Jリーグやラグビートップリーグをみてきた公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏が指南する。

 1日のなかで最も慌ただしい朝時間。朝食もそこそこで家を飛び出し、満員電車に揺られ、出社した頃にはもうヘトヘト……という人も多いだろう。そんな働きマン、働きウーマンを支える、ベストな朝食の組み合わせとは?

 ◇ ◇ ◇

 人にとって、朝食を摂ることが大事な理由は2つ。一つは、午前中に必要な脳のエネルギーと栄養を確保すること。そしてもう一つは、「体の時差ボケ」をリセットすることです。

 ところが、朝の通勤、通学前は1日のなかで最も余裕のない時間帯。朝食は食パンや菓子パンを少しかじってコーヒーで流し込むだけ、野菜ジュースを飲むだけで、家を飛び出す人も多いのではないでしょうか。

 満員電車での通勤・通学で疲れてしまう、仕事や家事に追われてヘトヘト……。実はそんな疲れの原因には、栄養不足が関わっている場合がとても多いのです。例えば、先ほどの朝食。パンだけでは食べたものを効率良くエネルギーに代えるビタミンやミネラルが不足しているし、野菜ジュースでは脳や体を働かせるエネルギーが圧倒的に足りません。

 もしも朝食抜きであれば、昼・夜しっかり食べても、1日に必要な栄養・エネルギー量ともに追いつかない状態です。ちなみに菓子パンは砂糖と脂肪の塊。血糖値が急激に上がり、量はそれほど食べていないわりに、体脂肪はしっかり身につきやすくなります。

1 2

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

2003年ラグビーワールドカップ日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)、車いすバトミントン選手の栄養アドバイザーとして、トップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、未来のアスリートを目指すジュニア世代と保護者に向けて、健康なこころとからだを育むための食育活動なども行っている。

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
伝統の一戦、今年はダゾーンで! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集