[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中飛で二塁から… 快足王の“6.8秒の神走塁”に米喝采「コイツを観るのは楽しい」

米大リーグで屈指の韋駄天が驚異の走塁を炸裂させた。中堅へのフライで二塁からタッチアップ。一気に本塁を陥れ、得点をもぎ取った。実際のシーンをMLBが動画付きで公開すると、「彼は本当に速いね」「コイツを観るのは楽しい」とファンを仰天させている。

ビリー・ハミルトン【写真:Getty Images】
ビリー・ハミルトン【写真:Getty Images】

二塁走者ハミルトンが一気に本塁生還、米ファン「彼は本当に速いね」

 米大リーグで屈指の韋駄天が驚異の走塁を炸裂させた。中堅へのフライで二塁からタッチアップ。一気に本塁を陥れ、得点をもぎ取った。実際のシーンをMLBが動画付きで公開すると、「彼は本当に速いね」「コイツを観るのは楽しい」とファンを仰天させている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 メジャーの“快足王”が魅せた。男の名は、ロイヤルズのビリー・ハミルトン外野手だ。9日(日本時間10日)の本拠地マリナーズ戦、1-2とビハインドで迎えた3回1死二塁。打者モンデシーが中堅へ大飛球を打ち上げた。これを中堅のスミスが懸命に追い、背走しながらフェンス手前でぎりぎり追いつく。そして、最後は倒れ込むようにして、なんとか捕球した。

 ただ、きわどいプレーに安堵したのか、動きを一瞬止めた。この時、ダイヤモンドでは一人の男が疾走していた。ハミルトンだ。捕球と同時に勢い良くスタートを切ると、驚異のピッチで駆け抜け、なんと三塁も蹴った。隙を見せたスミスも空気を感じ取り、慌てて中継の内野手に送球。本塁へ一気に転送したが、爆走した背番号6がひと足早く、頭から本塁に滑り込んだ。

 二塁からタッチアップで一気に本塁生還。その間、およそ6.8秒だ。らしさを存分に発揮したプレーに本拠地も大盛り上がりだ。ハミルトンはドヤ顔でチームメートとハイタッチを交わす一方、スミスは苦笑いを浮かべ、なんとも言えない表情を見せていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集