[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マスコットのTシャツ砲直撃で指骨折 女性ファンが1億円超の賠償求め、球団訴える

米大リーグ・アストロズの球団マスコットがファンサービスの一環として行っている“Tシャツキャノン”を至近距離から放ち、客席にいた女性客が負傷。球団を訴え、100万ドル(約1億1120万円)以上の賠償を求めているという。ヒューストンの地元メディア「ABC13」電子版が伝えている。

アストロズの本拠地であるミニッツメイド・パーク【写真:Getty Images】
アストロズの本拠地であるミニッツメイド・パーク【写真:Getty Images】

ファンサービスが…ア軍マスコットのTシャツキャノンが至近距離で直撃、訴訟に

 米大リーグ・アストロズの球団マスコットがファンサービスの一環として行っている“Tシャツキャノン”を至近距離から放ち、客席にいた女性客が負傷。球団を訴え、100万ドル(約1億1120万円)以上の賠償を求めているという。ヒューストンの地元メディア「ABC13」電子版が伝えている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 記事では、8日に行われた訴訟によると、ジェニファー・ホーティーさんは昨年7月8日の試合で三塁後方に座っており、アストロズの球団マスコット「オービット」が観客席に向けて放ったTシャツキャノンが至近距離で命中し、左人さし指が折れたと主張していると伝えている。

 ホーティーさんは「人生に大きな影響を与える出来事でした。もし、他の人に起こったとしても……同じように感じると思います」「アストロズとは関係のないことです」と語っているという。

 訴訟によると、ホーティーさんは試合後に救急処置室へ行き、重度の骨折を負っており、手術が必要になると言われたと伝えている。記事では、現在も痛みや腫れが引かず、治療に週2回通う必要があり、昨年10月に2本埋め込まれたスクリューを取り除く手術を受けたが、恒久的な障害が残っていることもレポートしている。

「アストロズに何かできることがあると思うんです。医療費、複数の手術で1万5000ドル(約167万円)を超えています」とホーティーさんは語っているという。

 一方、訴訟に対してアストロズも声明を発表。「アストロズはオービットのTシャツランチャーに関する訴訟について、認識しています。主張に同意することはできません。アストロズはこれからも、試合中にTシャツランチャーを使用します」とした、という。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集