[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

平成初&有終Vの東邦、30年前の決勝プレーバック 元木ら号泣、劇的すぎる結末とは…

選抜史に残るあまりに劇的な結末

 優勝を争う相手はスター軍団でV候補の呼び声高かった上宮(大阪)。超高校級スラッガーとしてアイドル的な人気を集めた元木大介(巨人)を筆頭に、種田仁(中日)、小野寺在二郎(ロッテ)、宮田正直(ダイエー)ら後にプロ入りする選手がずらり。前評判の高かったチーム同士の一戦は両先発が譲らない投手戦となった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 1-1のまま延長戦に突入。10回表に上宮が1点を勝ち越し。その裏の東邦は2死走者なしと追い込まれる。

 だが、ここから驚異の粘りを見せて一、二塁に。3番打者・原の中前打で同点に追いつくと、二塁をオーバーランしていた一塁走者を挟もうとした上宮の守備に乱れが……。挟殺プレーで三塁の種田の二塁送球が乱れ、カバーに入っていた右翼手も処理できず外野を転々。一塁走者も生還し、劇的な逆転サヨナラ勝ちとなった。

 元木ら上宮の選手は泣き崩れ、しばらく立ち上がれなかった。平成最初の優勝校が決定した瞬間だった。

 あれから30年、平成の最初と最後を締めくくった東邦。数々の歴史が生まれた平成選抜史の最後に、新たな1ページを書き加えた。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集