[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

残り56秒 八村塁の“決死の3P”止めた相手は自賛「ルイがベストプレーヤーだと…」

男子バスケのNCAAトーナメント(全米大学選手権)は30日(日本時間31日)、西部地区決勝でゴンザガ大がテキサス工科大に69-75で逆転負け。両チーム最多の22得点をマークした八村塁が終盤に放った決死の3ポイントを阻止した相手選手は「ルイがベストプレーヤーだということは分かっていた」と明かした。

チーム最多22得点を記録したゴンザガ大・八村塁【写真:Getty Images】
チーム最多22得点を記録したゴンザガ大・八村塁【写真:Getty Images】

試合終盤で八村をブロックしたオーウェンス「やらなければいけなかった」

 男子バスケのNCAAトーナメント(全米大学選手権)は30日(日本時間31日)、西部地区決勝でゴンザガ大がテキサス工科大に69-75で逆転負け。両チーム最多の22得点をマークした八村塁が終盤に放った決死の3ポイントを阻止した相手選手は「ルイがベストプレーヤーだということは分かっていた」と明かした。

【特集】オリンピックは「5回くらい出たい」 “想像の先”を歩き続ける成長物語 / 卓球 張本智和選手(GROWINGへ)

 6点差を追いかける後半残り56秒。八村が3ポイントを狙った。しかし、起死回生を狙った一撃は相手のブロックで阻まれた。ゴンザガ大のエースの前に立ちはだかり、大仕事をやってのけたのは、タリク・オーウェンスだ。

 試合後、ビッグプレーの場面について「ルイはベストプレーヤーだということは分かっていた。あの時点で自分の役割はカバー。相手がルイにパスしようとすることは分かっていたからね」と振り返り、さらに胸を張った。

「ジョシュ・パーキンスがドライブに来た時、自分はヘルプに出た。その時でもルイのポジションは分かっていた。彼がシュートを打つことは分かっていたので、そこに行かなければいけなかった。正直、スマートなプレーではなかったけど、彼がキャッチするのを見た瞬間、自分の足が反応してくれた。成功しない時もあるけど、やらなければいけなかった。うまくいったよ」

 一か八かのブロックだったと明かしたオーウェンス。正念場のビッグプレーでファイナル4進出に貢献し、喜びを隠せなかった。

(ジョセフ・ディポリート / Joseph D’Hippolito)

GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集