[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジョセフ・ディポリートの記事一覧

  • 八村塁はNBAで活躍できるのか 米記者が「高く評価している」と挙げたポイントは?

    2019.04.17

    米大学バスケットボール、ゴンザガ大の八村塁が6月のNBAドラフトにアーリーエントリーすることを自身のツイッターで正式表明した。カレッジ最優秀選手に贈られる「ネイスミス賞」の最終候補4人に選出されるなど、一気に評価を高め、ドラフトでも1巡目指名が確実視されている。

  • 八村塁は大谷翔平になれるのか 熟練の米コラムニストが分析する3つのポイント

    2019.04.03

    男子バスケのNCAAトーナメント(全米大学選手権)西部地区決勝でテキサス工科大に69-75で逆転負けを喫したゴンザガ大のエース八村塁。カレッジ最優秀選手に贈られる「ネイスミス賞」の最終候補4人に残り、6月のNBAドラフトで1巡目指名に期待が集まる逸材は、ベーブ・ルース以来の二刀流選手として、米国でセンセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平投手のようなインパクトを残すことができるのだろうか――。米誌「スポルティングニュース」などで健筆を振るい、大谷と八村を現地で取材した米コラムニスト、ジョセフ・ディポリート記者はどう見ているのだろうか。

  • 八村塁が1万5277人の前で流した涙 米コラムニストが見た“NBAにつながる糧”

    2019.04.01

    男子バスケのNCAAトーナメント(全米大学選手権)は30日(日本時間31日)、西部地区決勝でゴンザガ大がテキサス工科大に69-75で逆転負け。両チーム最多の22得点をマークした八村塁は試合後に悔し泣きした。米誌「スポルティング・ニュース」などでNCAA、NBAを長年取材してきた米コラムニスト、ジョセフ・ディポリート氏が取材記を寄せ、八村について「日本人史上初のNBAドラフト指名選手に相応しい」と評価した。

  • 八村塁はNBAで活躍できるか 五輪王者の元NBA名手を直撃「1年生から見てきたが…」

    2019.03.31

    男子バスケのNCAAトーナメント(全米大学選手権)は30日(日本時間31日)、西部地区決勝でゴンザガ大がテキサス工科大に69-75で逆転負け。八村塁は両チーム最多の22得点、6リバウンドと奮闘したが、試合後にはコート上で号泣した。6月のNBAドラフトで日本人史上初の指名が期待される逸材は次のレベルで活躍できるのか。94年世界選手権で「ドリームチーム2」と呼ばれる米国代表に選出され、00年シドニー五輪でも金メダルを獲得した名選手を直撃し、八村のNBAでの活躍を占ってもらった。

  • 残り56秒 八村塁の“決死の3P”止めた相手は自賛「ルイがベストプレーヤーだと…」

    2019.03.31

    男子バスケのNCAAトーナメント(全米大学選手権)は30日(日本時間31日)、西部地区決勝でゴンザガ大がテキサス工科大に69-75で逆転負け。両チーム最多の22得点をマークした八村塁が終盤に放った決死の3ポイントを阻止した相手選手は「ルイがベストプレーヤーだということは分かっていた」と明かした。

  • 八村塁、NBA挑戦か大学残留か 去就は「これから考えることにする」と明言せず

    2019.03.31

    男子バスケのNCAAトーナメント(全米大学選手権)は30日(日本時間31日)、西部地区決勝でゴンザガ大がテキサス工科大に69-75で逆転負けを喫した。チーム最多の22得点をマークした八村塁は試合後に悔し泣きしたが、6月のNBAドラフトにアーリーエントリーするか否かについて明言を避けた。

  • 八村塁は「最高の模範」 名指揮官が認めた人間性「授業中に凄まじい努力している」

    2019.03.30

    30日(日本時間31日)に米大学バスケットボールのNCAAトーナメント(全米大学選手権)4回戦でテキサス工科大と対戦するゴンザガ大の八村塁。チームを指揮するマーク・フュー監督は大黒柱に成長した日本人スターの人間性を絶賛している。

  • 八村塁、覚醒の裏にあった英語力の向上 同僚の目「発言力の高いリーダーになった」

    2019.03.30

    30日(日本時間31日)の米大学バスケットボールのNCAAトーナメント(全米大学選手権)4回戦でテキサス工科大と対戦するゴンザガ大。エースとして牽引しているのが、八村塁だ。今季は大学年間最優秀選手に贈られる「ネイスミス賞」最終候補に残るなど、最高のシーズンを過ごしているが、覚醒を引き出した理由はコミュニケーション能力の進化にあると同僚は語っている。

  • 「最前列を譲ってくれるような」八村塁はもういない 同僚2人の“進化の証言”

    2019.03.30

    30日(日本時間31日)に米大学バスケットボールのNCAAトーナメント(全米大学選手権)4回戦でテキサス工科大学と対戦するゴンザガ大。エースとしてチームを牽引しているのが、八村塁だ。今季は大学年間最優秀選手に贈られる「ネイスミス賞」最終候補に残るなど、最高のシーズンを迎えているが、八村はいったい何が変わったのか。チームメートが語っている。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集