[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「最前列を譲ってくれるような」八村塁はもういない 同僚2人の“進化の証言”

30日(日本時間31日)に米大学バスケットボールのNCAAトーナメント(全米大学選手権)4回戦でテキサス工科大学と対戦するゴンザガ大。エースとしてチームを牽引しているのが、八村塁だ。今季は大学年間最優秀選手に贈られる「ネイスミス賞」最終候補に残るなど、最高のシーズンを迎えているが、八村はいったい何が変わったのか。チームメートが語っている。

ゴンザガ大の八村塁【写真:Getty Images】
ゴンザガ大の八村塁【写真:Getty Images】

覚醒のエースは何が変わったのか、クラーク&パーキンスが見た変化

 30日(日本時間31日)に米大学バスケットボールのNCAAトーナメント(全米大学選手権)4回戦でテキサス工科大学と対戦するゴンザガ大。エースとしてチームを牽引しているのが、八村塁だ。今季は大学年間最優秀選手に贈られる「ネイスミス賞」最終候補に残るなど、最高のシーズンを迎えているが、八村はいったい何が変わったのか。チームメートが語っている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 チームをエリート8に牽引した八村。今季は1試合平均19.6得点、6.5リバウンド、1.6アシストという素晴らしい成績を残したが、同僚は今シーズンの進化をどう見ているのか。

 八村とともに6月のNBAドラフトでの指名が期待されるブランドン・クラークは29日(日本時間30日)、アナハイムで行われた試合前日会見にマーク・フュー監督、チームメートと出席し、こう語った。

「彼はもっとフィジカルを前面に押し出してプレーするのが好きになったね。自分のプレーにこれまで以上に自信を示している。昨年よりも余裕をもって試合に臨んでいる気がするよ」

 身長204センチ、体重108キロの体格を誇る八村。ゴール下でのフィジカルコンタクトを厭わない、よりアグレッシブなスタイルを前面に押し出しているとクラークは語っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集