[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、覚醒の裏にあった英語力の向上 同僚の目「発言力の高いリーダーになった」

30日(日本時間31日)の米大学バスケットボールのNCAAトーナメント(全米大学選手権)4回戦でテキサス工科大と対戦するゴンザガ大。エースとして牽引しているのが、八村塁だ。今季は大学年間最優秀選手に贈られる「ネイスミス賞」最終候補に残るなど、最高のシーズンを過ごしているが、覚醒を引き出した理由はコミュニケーション能力の進化にあると同僚は語っている。

八村塁【写真:Getty Images】
八村塁【写真:Getty Images】

同僚が語った3年目の覚醒の要因「英語力が向上し、プレーの理解度が高まった」

 30日(日本時間31日)の米大学バスケットボールのNCAAトーナメント(全米大学選手権)4回戦でテキサス工科大と対戦するゴンザガ大。エースとして牽引しているのが、八村塁だ。今季は大学年間最優秀選手に贈られる「ネイスミス賞」最終候補に残るなど、最高のシーズンを過ごしているが、覚醒を引き出した理由はコミュニケーション能力の進化にあると同僚は語っている。

 ゴンザガの大黒柱として目覚ましい活躍を続ける八村。大学NO1プレーヤー最終候補4人に残るなど、一気に米国でその名を知らしめたが、躍進の理由は語学の上達にあったという。同僚のザック・ノーヴェルは29日(日本時間30日)、決戦の舞台となるアナハイムのホンダセンターで行われた前日会見に出席し、八村についてこう語った。

「今や、ただただ自信が凄いんだよ。僕はここに1年生として一緒にやっていたけど、彼の英語の理解力が向上し、そこからプレーの理解度やいろいろなことが高まっていたんだ」

 富山出身の八村。明成高(宮城)を経て米国に挑戦したが、入学当初はまだ語学の壁が存在した。だが、英語の理解度の高まりが、プレーの進化を促した。かつて英語に苦しんだ日本人は今やゴンザガ大のエースであり、リーダーに成長したという。同じくチームメートのコーリー・キスパートは、八村の成長について認めている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集