[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伊の招待選手が感銘を受けた日本の文化とは 「感動のあまりしゃがみこんだら…」

名古屋ウィメンズマラソンは10日に行われ、招待選手のサラ・ドッセーナ(イタリア)は自己ベストを更新する2時間24分00秒で7位入賞を果たした。トライアスロンから転向した異色のランナーは日本の美徳に対して感銘を受けている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

サラ・ドッセーナ【写真:Getty Images】
サラ・ドッセーナ【写真:Getty Images】

自己ベスト更新のドッセーナが日本の印象を語る

 名古屋ウィメンズマラソンは10日に行われ、招待選手のサラ・ドッセーナ(イタリア)が自己ベストを更新する2時間24分00秒で7位入賞。トライアスロンから転向した異色のランナーは日本の美徳に対して感銘を受けている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 トライアスロンとデュアスロンでイタリア女王だった34歳のドッセーナ。2017年にマラソンに本格参戦後、昨年の欧州選手権6位の招待選手は力走した。2時間27分53秒の自己ベストを4分近く縮め、7位入賞を果たした。

「ドッセーナ、バンザイ! 元トライアスロン選手が2時間24分だ」と題した特集で、活躍を称賛されたドッセーナはゴール後、大会側の手厚いケアに驚きを示していた。

「素晴らしい経験でした。こんな、見事なオーガナイズはこれまで見たことがなかった。時にはオーガナイズされすぎていると感じるほどでした。ゴールして、感動のあまりにしゃがみ込んだら、体調が悪いのかと心配してくれたんです。担架がすぐそこまで来ていました」

 ドッセーナはしゃがみながら自己記録更新の喜びを味わっていたが、体調不良と危惧した係員はすぐさま担架で駆けつけたという。あまりの対応の素早さに感激している。

「コンディションが良ければ、いいパフォーマンスができるということを確信した。今は自分の力に自信を持つことができた。この結果には満足していません」

 日本のおもてなしに対する驚きを明らかにしたドッセーナ。来年の東京五輪でも力強い走りを期待したい。

(THE ANSWER編集部)

3/7~18【ダゾーン独占中継】BNPパリバ・オープン

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集