[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

こんな不運ある!? 原口が無人のゴールにシュートも…現地紙「最も不幸な得点未遂?」

海外サッカー、ドイツ1部ハノーファーの日本代表MF原口元気が天に泣かされた。現地時間の10日、雪が降りしきる中でのレバークーゼン戦。無人のゴールにボールを流し込もうとしたのだが、降り積もった雪によってボールの勢いが減速。無情にもゴールラインの手前で止まってしまったのだ。不運すぎる瞬間を現地メディアが動画で公開。ファンからも「この週末で最も面白い出来事」などと反響の声が上がっている。

不運な形で得点を逃した原口【写真:Getty Images】
不運な形で得点を逃した原口【写真:Getty Images】

原口のシュートは雪で勢いが減速、まさかのノーゴールに

 海外サッカー、ドイツ1部ハノーファーの日本代表MF原口元気が天に泣かされた。現地時間の10日、雪が降りしきる中でのレバークーゼン戦。無人のゴールにボールを流し込もうとしたのだが、降り積もった雪によってボールの勢いが減速。無情にもゴールラインの手前で止まってしまったのだ。不運すぎる瞬間を現地メディアが動画で公開。ファンからも「この週末で最も面白い出来事」などと反響の声が上がっている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 ついてないとしか言いようがないシーンだ。激しい雪の中で、ハノーファーは2点を追いかける苦しい展開。そんな中で千載一遇の好機は前半33分だ。ロングボールに反応した原口は抜け出すと、GKも華麗にかわして無人のゴールへと流し込もうとシュートを放った。

 誰もがゴールネットが揺れることを確信したが、しかしそれを阻んだのは降り積もる雪だった。グラウンダーのボールの勢いがみるみる減速。ゴールラインの手前で止まってしまった。もはや相手も諦めていた場面。寸前で止まったボールを慌てて処理しクリア。反撃の芽を摘まれてしまったのだ。

 このシーンをドイツ紙「ディ・ヴェルト」英語版のツイッターが「ゲンキ・ハラグチは無人のゴールへと点を決めたと確信したが、雪が拒絶した。史上最も不幸な得点未遂か?」とつづり動画で公開。また米FOXサッカーでも同様の映像を公開しており、こちらにはファンからも反響のコメントがつけられている。

「この週末のスポーツでもっとも面白い出来事」
「ゴールキーパーの親友=泥」
「本当に、本当に不運」
「でもキーパー、なにやってるの?」
「今週のベストセーブは雪が生んだ」

 ハノーファーは後半に2点を返すも、結局2-3で敗戦。あの原口のシュートが決まっていれば……と思わずにはいられない不運の結果となってしまった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集