[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、投球再開映像にファンの心境は複雑!? 「待ちわびてた」「急がせないで」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、昨年10月の右肘靭帯手術(トミー・ジョン手術)後初めてとなる投球を行った。エンゼルスが動画を公開。待望の投手復帰への第一歩にファンも「彼はもっと強くなって戻ってくる」「本日最高の出来事」などと歓喜する一方で、「心配になってきた」「彼は投げるべきじゃない」と心配の声も上がっている。

大谷翔平【写真:Getty Images】
大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷が軽めの投球を再開、球団が公開した動画には様々な声が…

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、昨年10月の右肘靭帯手術(トミー・ジョン手術)後初となる投球を行った。エンゼルスが動画を公開。待望の投手復帰への第一歩にファンも「彼はもっと強くなって戻ってくる」「本日最高の出来事」などと歓喜する一方で、「心配になってきた」「彼は投げるべきじゃない」と心配の声も上がっている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

「投手・大谷」が復帰への第一歩を踏み出した。球団がキャッチボールの映像を公開。短い距離ながら、感触を確かめるように、慎重にボールを投じている。セットポジションも試す映像もあった。

 投球再開の模様をエンゼルスは公式インスタグラムに「ショウヘイ・オオタニがトミー・ジョン手術を受けて以来、初めての軽いピッチング」とつづり動画で公開。久々に大谷がボールを握る姿にファンは反響の声を寄せている。

「彼はもっと強くなって戻ってくる」
「もうすぐShoの時間だ!」
「これを待ちわびていた」
「彼の復帰が待ちきれない。うちにはピッチャーが必要なんだ。本当のエース不在だから」
「本日最高の出来事」

 などと歓喜のコメントの一方で、「彼を急がせないで」「これ見て心配になってきた」「投球はやめさせてバットを振って。愚か者が復帰を急がせて彼のキャリアを台なしにしてしまう」「彼は投げるべきじゃない。毎日一塁かDHでいいんだよ」などのコメントもあった。

 今季は打者に専念し、5月頃の復帰が予想されている。投手復帰は2020年の予定だが、期待が大きいため、米ファンの間では心配する声も少なくなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集