[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

樋渡知樹、得点表示後に驚きすぎ!? “珍リアクション”が大反響「きゅんとした」

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(クロアチア・ザグレブ)は8日、男子フリーが行われ、日本人の両親を持つ樋渡知樹(米国)が148.82点、合計230.32点でSP2位から逆転で初優勝を飾った。話題を呼んでいるのは、キス・アンド・クライでのリアクションだ。合計得点が出て、優勝が決まった瞬間、口に含んでいたドリンクを吹き出しそうになるシーンをメディアが動画で公開。「きゅんとした」「史上最高の反応」などとファンにも笑顔が広がっている。

樋渡知樹【写真:Getty Images】
樋渡知樹【写真:Getty Images】

キス・アンド・クライでの驚きぶりが話題に

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権(クロアチア・ザグレブ)は8日、男子フリーが行われ、日本人の両親をもつ樋渡知樹(米国)が148.82点、合計230.32点でSP2位から逆転で初優勝を飾った。話題を呼んでいるのは、キス・アンド・クライでのリアクションだ。合計得点が出て、優勝が決まった瞬間、口に含んでいたドリンクを吹き出しそうになるシーンをメディアが動画で公開。「きゅんとした」「史上最高の反応」などとファンにも笑顔が広がっている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 落胆から歓喜まで、感情が一気に急上昇した。見事なスケーティングを披露した後のキス・アンド・クライ。ソファーに腰掛け、コーチとともに祈るような素振りで結果を待った。

 出た得点は148.82点――。フリーでは2位。この表示を確認すると、汗を拭い、なんとも言えない表情になった。自らを納得させるように首を何度も振った。そして、顔をしかめるような場面もあった。頂点には届かなかった……。そんな悔しさがあったのかもしれない。持っていたドリンクの蓋を開け、口を含んだ次の瞬間だった。

 合計得点が表示された。トップに立っていたのだ。コーチがまず、信じられない! というような表情を浮かべると、樋渡自身も口に含んでいたドリンクを吹き出しそうになり、一度気持ちを落ち着かせるために立ち上がって、うろうろ。そして、ドリンクを放り投げると、今度は満面の笑みでコーチと抱き合ったのだ。

 わずか1点差で2位を上回っての逆転優勝。2人はしばらくの間、熱いハグを交わし、さらにハイタッチで喜びを分かち合った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集