[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラーが一番勝った国はどこ? 母国メディアの“100勝トリビア”が凄すぎる

テニスのドバイ選手権は2日、男子シングルス決勝で世界ランク7位ロジャー・フェデラー(スイス)がステファノス・チチパス(ギリシャ)を6-4、6-4で下して今季初優勝。ツアー大会史上2人目のシングルス通算100勝目を達成した。試合後、インスタグラムを更新し、100個目のトロフィーと“2ショット”を決めた自撮り写真を公開。50万件近い反響を呼んでいたが、母国のスイスメディアは“100勝トリビア”を公開し、国民的英雄の快挙の価値を伝えている。

通算100勝を達成したフェデラー【写真:Getty Images】
通算100勝を達成したフェデラー【写真:Getty Images】

19か国で優勝、賞金135億円超、2か月に1度V…“100勝トリビア”がスイスで話題に

 テニスのドバイ選手権は2日、男子シングルス決勝で世界ランク7位ロジャー・フェデラー(スイス)がステファノス・チチパス(ギリシャ)を6-4、6-4で下して今季初優勝。ツアー大会史上2人目のシングルス通算100勝目を達成した。試合後、インスタグラムを更新し、100個目のトロフィーと“2ショット”を決めた自撮り写真を公開。50万件近い反響を呼んでいたが、母国のスイスメディアは“100勝トリビア”を公開し、国民的英雄の快挙の価値を伝えている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

「金字塔への数字 フェデラー、2か月おきに優勝」と見出しを打って特集したのは、スイス公共放送「SRF」だった。記事では「フェデラー通算100勝到達という、信じられない金字塔。そこにまつわる数字を紹介する」とし、フェデラーが通算100勝を挙げるまでの道のりをデータから振り返っているが、これがとてつもないものだった。

 まずは2001年2月4日の初優勝から6601日(18年1か月)と紹介した。「ミラノでの初優勝以降、平均して2か月に1度優勝」としており、タイトルなしに終わったのは故障で長期離脱を強いられた2016年のみとレポートしている。一方、最多優勝は2006年の12勝。「もっとも、この年は決勝でナダルに4度も敗れている」とも付け加えている。

 これだけ勝っているのだから、その場所も様々だ。最多優勝地は「バーゼルとハレで、それぞれ9度ずつ。ドバイでは、今回で8勝」としている。また「異なる31のツアーで優勝。タイトル防衛には35度成功している」、そして「100勝は19か国にまたがる。最も多いのは米国の22勝」とも……。いかに世界で勝ちまくっているか伺い知れる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集