[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花は「フリーの女王」 大逆転Vに露メディア驚き「蓄え全て使わずとも勝てる」

フィギュアスケートの四大陸選手権でショートプログラム(SP)5位から大逆転Vを飾った紀平梨花(関大KFSC)。SPから圧巻の逆転劇で国際大会5連勝を飾り、3月に行われる世界選手権(埼玉)に向けて期待が高まる結果となったが、その世界一決戦でライバル選手を多数抱えるロシアのメディアも「自分の蓄えているものをすべて使わなくても、彼女は勝利する」と称賛している。

四大陸選手権で逆転優勝を飾った紀平【写真:Getty Images】
四大陸選手権で逆転優勝を飾った紀平【写真:Getty Images】

ライバルの大国ロシアも脚光「キヒラはザギトワの道を歩む」

 フィギュアスケートの四大陸選手権でショートプログラム(SP)5位から大逆転Vを飾った紀平梨花(関大KFSC)。SPから圧巻の逆転劇で国際大会5連勝を飾り、3月に行われる世界選手権(埼玉)に向けて期待が高まる結果となったが、その世界一決戦でライバル選手を多数抱えるロシアのメディアも「自分の蓄えているものをすべて使わなくても、彼女は勝利する」と称賛している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手 西村拳選手(GROWINGへ)

 アナハイムで演じた逆転劇のインパクトは、大国ロシアにも轟いていた。「キヒラはザギトワの道を歩む」と見出しを打って特集したのは、ロシア紙「スポルトエクスプレス」だった。「フリープログラムの女王」との小見出しが記された記事では「キヒラは大会の主要な本命と考えられていて、彼女はこのステータスを証明した」と期待通りに優勝を飾ったと振り返っている。

 紀平が今季の国際大会全勝であることを紹介。「これに関して、再びすべてがよく知られたシナリオの通りとなった」とした上で「あまりうまくいかなかったSPの後にフリーで一番強力な演技を見せる。彼女はおかげで(SPの)負けを取り返すだけではなく、すべてのライバルを遠く後方へ置き去りにする。これはまさにアリーナ・ザギトワのシニアシーズン1年目の前半と同じ展開だ」

 ザギトワはチャレンジャーシリーズからGPシリーズ2戦、GPファイナルとすべて逆転V。フリーで発揮する無類の強さを平昌五輪女王になぞらえて称賛していた。さらに「キヒラが見事にフリーを滑り切って証明したのは、彼女は3回転アクセルを(2本から)1本にしたのに、それを非難の余地のないくらい見事に跳び、ジャッジから多くの出来栄え点を獲得したことだ」と称えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集