[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、衝撃の世界新を海外メディア続々称賛「ユヅル・ハニュウの記録凌いだ」

フィギュアスケートの四大陸選手権は9日(日本時間10日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)4位の平昌五輪銀メダリスト・宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリー世界最高となる197.36点をマーク。自己ベストの合計289.12点で大逆転Vを飾った。これまで世界の大舞台で優勝と無縁で、シルバーコレクターだった21歳の初のメジャータイトルとフリー最高得点記録について、海外メディアも「決定的な勝利」「ユヅル・ハニュウの記録を凌いだ」と速報している。

逆転で四大陸選手権を制した宇野昌磨【写真:AP】
逆転で四大陸選手権を制した宇野昌磨【写真:AP】

“羽生超え”の圧倒的演技を続々速報「決定的な勝利」

 フィギュアスケートの四大陸選手権は9日(日本時間10日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)4位の平昌五輪銀メダリスト・宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリー世界最高となる197.36点をマーク。自己ベストの合計289.12点で大逆転Vを飾った。これまで世界の大舞台で優勝と無縁で、シルバーコレクターだった21歳の初のメジャータイトルとフリー最高得点記録について、海外メディアも「決定的な勝利」「ユヅル・ハニュウの記録を凌いだ」と速報している。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 気迫のフリーで大逆転劇に成功した宇野。足首の故障を抱えながらも、4回転ジャンプを3本着氷させた。圧巻の4分間を舞い終えると、観客のスタンディングオベーションの中、リンクに膝をついた。四つん這いのような状態になり、およそ10秒間立ち上がることができない。それほど、すべてを出し尽くした4分間だった。

 叩き出したスコアは衝撃の197.36点。今季のグランプリ(GP)シリーズで五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)がマークした190.43点を上回るフリー世界最高点となった。圧巻のフリーで大逆転に成功した宇野の偉業を、海外メディアも速報。米スポーツ専門局「NBCスポーツ」は「ショウマ・ウノが四大陸選手権を優勝で切り抜ける」と特集した。

 記事ではシルバーコレクター返上を伝えている。「これはウノにとって初のメジャー大会のタイトルとなる。彼は五輪銀メダリストで、世界選手権で2度の銀メダリスト。GPファイナルでは4度表彰台に立っているが、頂点は一度もなかった」と報じている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集