[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、米地元紙が異例特集「ニシノミヤ出身の高校生」 坂本が「キヒラの脅威に」

フィギュアスケートの四大陸選手権は7日(日本時間8日)、米アナハイムで開幕を迎える。女子シングルは滑走順が決定。紀平梨花(関大KFSC)、坂本花織、三原舞依(ともにシスメックス)の日本勢3選手は全員が最終グループに登場する。開催地のメディアも紀平を筆頭に4連覇を目指す日本勢を特集。紀平は「日本の連勝を伸ばすことが期待される」とV候補の大本命と見ている。

紀平梨花【写真:Getty Images】
紀平梨花【写真:Getty Images】

開催地アナハイムの地元紙が日本勢を特集

 フィギュアスケートの四大陸選手権は7日(日本時間8日)、米アナハイムで開幕を迎える。女子シングルは滑走順が決定。紀平梨花(関大KFSC)、坂本花織、三原舞依(ともにシスメックス)の日本勢3選手は全員が最終グループに登場する。開催地のメディアも紀平を筆頭に4連覇を目指す日本勢を特集。紀平は「日本の連勝を伸ばすことが期待される」とV候補の大本命と見ている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 アクシデントも伝えられた紀平だが、米国でもその存在は脚光を浴びている。開催地アナハイムの地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」は「ホンダセンターでの四大陸選手権で日本人女子の優勢は続く」と題して女子シングルを特集している。

「リカ・キヒラは日本の連勝を伸ばすことが期待される。キヒラは日本の大阪湾に位置するニシノミヤ出身の16歳の高校生。今シーズンロシア代表の優位性を終わらせ、スケーターとして安定していた」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集