[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボールボーイの罠!? 時間稼ぎ後のウィンクに海外喝采「愛らしく、生意気な奴だ!」

海外ファン反響「君はすでにトットナムの一員だ」

「このシーンをマニュアルDVDとして焼き回ししたい」
「君はすでにトットナムの一員だ」
「最高だ、少年!」
「少年、周りに耳を傾けるな! 結果だけを見ろ!」
「愛らしく、生意気な奴だ!」
「チーム愛に溢れる反則行為」
「スコアは2-1だ。それが全てさ!」
「底抜けに愉快だ!」

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 再生回数は50万回を突破。「本当はボールボーイがあまりこういうことをするべきではないが…」との声もあったが、海外ではボールボーイはホームのユースチームが務める場合が多く、自チームに優位な振る舞いを取ることも決して珍しいことではない。ただ、極め付きのウィンクにはファンも笑うしかなったようだ。

 文化が違うJリーグ、日本代表ではなかなかお目にかかれないプレー。少年の“アシスト”の効果もあってか、トットナムはそのまま2-1で逃げ切った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集