[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

青森山田高MFバスケス、目標はチリ代表 いわきFC新体制発表「選手権は終わったこと」

1年目から中心選手へ「サッカーノート書き続けて自分と向き合いたい」

 バスケスは「ストロングポイントは、攻守の運動量。1番の武器は、ドリブルからの突破やチャンスメーク、シュート。まずは身体を鍛えるということで、いわきFCを選んだ。もっと身体を鍛えればスピードが上がると思うし、強くなれば早いうちに海外(への挑戦)も見えてくると思う。1年目だけど、中心選手となれるように努力を続けたいし、サッカーノートも書き続けて自分と向き合いたい」と新たな世界に挑む意気込みを示した。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 ただし、当然だが、先発起用が確約されているわけではない。田村監督は「高校選手権でフィーバーして、誰もが知る有名人になったが、休みを取らせることも考えたいと思っている。すぐに身体が壊れるような使い方をせず、チームに馴染めるように大切に育てていけたらと思う。逆に(彼の加入で)既存の選手が燃えると思う」と話し、バスケスにさらなる成長を促すとともに、チームの活性化にも期待をかけた。

 バスケスと同じく新加入のGK白岡ティモシィは「今、バイロン(の話題)で騒がれていると思うけど、僕も(チリ代表を目指すバスケスに負けずに世界で戦うために)日本代表に入りたいので頑張ります」と早くも刺激を受けている様子だった。話題性のある選手として加入したことは、バスケス自身にとっても、チームにとってもプラス材料だ。

 ただ、バスケスは、すでに気持ちを切り替えており「高校選手権が終わって、注目はあると思うけど、もう終わったこと。これから新たなサッカー人生が始まるので、謙虚に取り組み、自分が目指しているJリーグや海外のリーグ、チリ代表へと入っていけるように、1年間、後悔することなく過ごしていきたい」と社会人1年目の挑戦に静かに闘志を燃やしていた。チーム内競争を勝ち抜き、4月の開幕が見込まれる東北社会人リーグで再び得意のドリブル突破を見せ、いわきから世界を目指す。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集