[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織へ、ジョコビッチから労いのエール「素早い回復、健康を祈っている」

テニスの4大大会・全豪オープンは23日、男子シングルス準々決勝で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦。1-6、1-4の時点で負傷により途中棄権し、自身初の4強進出はならなかった。ジョコビッチは24日、インスタグラムを更新。錦織に対して「素早い回復、健康を祈っている」とエールを送っている。

怪我で途中棄権した錦織(左)とジョコビッチ【写真:Getty Images】
怪我で途中棄権した錦織(左)とジョコビッチ【写真:Getty Images】

ジョコビッチがSNSを更新、錦織に言及

 テニスの4大大会・全豪オープンは23日、男子シングルス準々決勝で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦。1-6、1-4の時点で負傷により途中棄権し、自身初の4強進出はならなかった。ジョコビッチは24日、インスタグラムを更新。錦織に対して「素早い回復、健康を祈っている」とエールを送っている。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 激闘を繰り返してきた錦織に、天敵ジョコビッチに対抗できる力は残っていなかった。第1セットを1-6で落とすと、第2セット、1-4とリードを許した時点で棄権した。右肩にラケットバッグを背負い、左手で顔を覆いながらコートを後にする錦織。その姿からは隠し切れない悔しさが滲んでいた。

 錦織の前に高い壁として立ちはだかったジョコビッチ。5試合で計14時間39分を戦い、力尽きたライバルに対して、温かい言葉を送っている。

 自身のインスタグラムに「シーズン開幕前、私の体、心、そして魂を再び充電し、体のバランスを見つけた。これらの共同作用は私にとってキーになる」と自身の充実ぶりをつづり、続けて「ケイ・ニシコリの素早い回復、健康を祈っている」と激闘続きだった日本の29歳へエールを送った。

 錦織に対して15連勝、通算で16勝2敗と大きく勝ち越しているジョコビッチ。だが、常に錦織に対してはリスペクトの思いを抱いている。また別の舞台で、万全の状態でのマッチアップを期待したい。

(THE ANSWER編集部)

3/7~18【ダゾーン独占中継】BNPパリバ・オープン

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集