[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「何て試合なんだ!」 錦織、死闘の末の勝利を海外メディア続々称賛「スペシャル!」

テニスの4大大会・全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)と対戦。6-3、7-6、5-7、5-7、7-6で勝利し、2017年以来2大会ぶりに3回戦進出を決めた。フルセットの死闘を制した錦織に対して、海外メディアは「スペシャルケイ」「何て試合なんだ!」「ケイがやってのけた」と続々速報で称賛している。

死闘の末、全豪オープンで3回戦に進んだ錦織【写真:Getty Images】
死闘の末、全豪オープンで3回戦に進んだ錦織【写真:Getty Images】

カロビッチ破った錦織を海外メディアが続々称賛

 テニスの4大大会・全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)と対戦。6-3、7-6、5-7、5-7、7-6で勝利し、2017年以来2大会ぶりに3回戦進出を決めた。フルセットの死闘を制した錦織に対して、海外メディアは「スペシャルケイ」「何て試合なんだ!」「ケイがやってのけた」と続々速報で称賛している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 3時間48分の死闘に決着が付いた瞬間、錦織は喜ぶよりも、消耗を隠しきれなかった。コートに両手と膝をついた。2セットを先取しながらも、ビッグサーバーの逆襲を受けた。実に59本のサービスエースを浴び、追い込まれたが、最終セットの10ポイントタイブレークに突入した。10-7で凌ぎ切って3回戦進出を決めた。

 大会公式ツイッターはカロビッチのリターンミスで決着が付いた瞬間の動画を紹介。膝から崩れ落ちた錦織に対して、「彼はやってのけた!!」と称えている。

 さらには海外メディアも続々と称賛を送っている。衛星放送局「ユーロスポーツ」スペイン版の公式ツイッターは「決着した!4時間に迫る戦いを経て、ケイ・ニシコリがカロビッチを倒し3回戦に。なんて試合だったんだ、アミーゴよ!」と絶賛した。

 米放送局「ESPN」の人気番組「スポーツセンター」のスペイン語版ツイッターも「3時間48分の熱を帯びたテニス!」と死闘を振り返り、英地元紙「ロンドン・イブニング・スタンダード」の公式ツイッターも「スペシャルケイ!」と拍手を送った。

 カロビッチとの死闘を乗り越えた「ケイ・ニシコリ」に海外メディアも熱い視線を送っている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集