[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織追い詰めたベテラン 39歳の奮闘に海外喝采「超人的な奮闘」「恥じることない」

テニスの4大大会・全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)と対戦。6-3、7-6、5-7、5-7、7-6で勝利し、2017年以来2大会ぶりに3回戦進出を決めた。格上の錦織に対して一歩も引かず、実に59本のサービスエースを叩き込むなど見事な戦いぶりだった39歳のベテランに対して、海外ファンは「本当によくやった」「恥じることはない」などと称賛を送っている。

錦織相手に死闘を演じたカロビッチ【写真:Getty Images】
錦織相手に死闘を演じたカロビッチ【写真:Getty Images】

サービスエース59本…錦織と互角に渡り合ったカロビッチに大歓声

 テニスの4大大会・全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)と対戦。6-3、7-6、5-7、5-7、7-6で勝利し、2017年以来2大会ぶりに3回戦進出を決めた。格上の錦織に対して一歩も引かず、実に59本のサービスエースを叩き込むなど見事な戦いぶりだった39歳のベテランに対して、海外ファンは「本当によくやった」「恥じることはない」などと称賛を送っている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 錦織はすごかった。だが、カロビッチの健闘もまた称えられるべきものだ。錦織と互角に渡り合ったクロアチアの39歳は、コートを後にしながらスタンドに手を振ると、大歓声が沸き上がった。ファンももう一人の主役が誰であるかを知っていた。211センチのビッグサーバーは、喝采を浴びながら戦いの舞台から去った。

 強烈なサーブで錦織を大いに苦しめた。第1、2セットを連取されたが、そこから意地を見せた。第3、4セットでは一度もブレークを許さなかった。第5セットでも互いにキープし合って迎えた第9ゲームで40-0とし、3度のブレークポイントを得たが、ここを凌がれ、最後は錦織の前に屈した。

 59本ものサービスエースを決め、自身の持ち味は存分に発揮した。2008年には自己最高の世界ランク14位まで上昇したこともあるカロビッチ。2016年には歴代2位の年長優勝記録も持っている。現在の世界ランクは73位だが、39歳にして健在ぶりを見せつけた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集