[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

那須川天心、マクレガーへの“誠意ある回答”を海外称賛「完璧に一流の品格だ」

格闘技イベント「RIZIN.14」でボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)に139秒TKO負けを喫したキックボクシングの那須川天心(TARGET)。今度はかつてメイウェザーとボクシングルールで敗れていたMMA(総合格闘技)の元UFCライト級世界王者コナー・マクレガー(アイルランド)から「総合格闘技のエキシビジョンマッチを戦いたい」と“挑戦状”を突き付けられたが、誠意ある返信に海外の格闘ファンは「何て丁寧な対応なんだ」「これは大人の回答」と感銘を受けている。

那須川天心【写真:Getty Images】
那須川天心【写真:Getty Images】

マクレガーからの“挑戦状”への、那須川の返信が話題に

 格闘技イベント「RIZIN.14」でボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)に139秒TKO負けを喫したキックボクシングの那須川天心(TARGET)。今度はかつてメイウェザーとボクシングルールで敗れていたMMA(総合格闘技)の元UFCライト級世界王者コナー・マクレガー(アイルランド)から「総合格闘技のエキシビジョンマッチを戦いたい」と“挑戦状”を突き付けられたが、誠意ある返信に海外の格闘ファンは「なんて丁寧な対応なんだ」「これは大人の回答」と感銘を受けている。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 大晦日のリングでメイウェザーに完敗し、涙に濡れた那須川。次なる戦いの舞台に注目が集まる中、総合格闘技界のスーパースターから突如、挑戦状が届いていた。

「私は総合格闘技のエキシビジョンマッチでテンシン・ナスカワと対戦するために東京に行きたい。夏の前に、だ。準備してほしい。すぐに、だ。チャンピオン中のチャンピオンより」

 マクレガーが自身のツイッターでこう綴り、挑戦状を叩きつけていた。マクレガーはメイウェザーの因縁の相手。2人は公の場で挑発を繰り返しながら格闘界を盛り上げると、17年8月にボクシングルールによる公式戦で激突。この試合のために現役復帰したメイウェザーは10回1分5秒でTKO勝ちを収め、約110億円のファイトマネーを稼いでいた。

 “公開書簡”に対し、キックボクシング界の神童はSNSで反応した。

「親愛なるミスター・マクレガー。僕の名前を覚えていてくれてありがとう。あなたが僕と戦うことを考えてくれることは名誉です。58キロで、キックボクシングルールなら近い将来どこかのリングで会えるかもしれません」

 格闘界のメガスターへの敬意を、英語で表した上で対戦実現の条件を挙げた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集