[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、1056日ぶり優勝! 決勝連敗は9でストップ、完全復活のツアー通算12勝目

テニスのブリスベン国際は6日、男子シングルスの決勝を行い、第2シードで世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が、第4シードで同16位のダニル・メドベージェフ(ロシア)と対戦。6-4、3-6、6-2で勝利し、2016年2月のメンフィスオープン以来、1056日ぶりの優勝。決勝の連敗を9で止め、ツアー通算12勝目を挙げた。

ツアー通算12勝目を挙げた錦織圭【写真:Getty Images】
ツアー通算12勝目を挙げた錦織圭【写真:Getty Images】

フルセットの死闘の末、メドベージェフ撃破

 テニスのブリスベン国際は6日、男子シングルスの決勝を行い、第2シードで世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が、第4シードで同16位のダニル・メドベージェフ(ロシア)と対戦。6-4、3-6、6-2で勝利し、2016年2月のメンフィスオープン以来、1056日ぶりの優勝。決勝の連敗を9で止め、ツアー通算12勝目を挙げた。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 過去の対戦成績は1勝1敗。前回は昨年10月の楽天オープンの決勝で対戦し、敗れていた相手だ。第1セットは第2ゲームに先にブレークを許すも、第5ゲームでブレークバックに成功。第7ゲームでもブレークし、このセットは6-4で先取した。

 第2セットも一進一退の展開だったが、先にブレークを許し3-6で落とした。第3セットは先にブレークに成功し6-2。フルセットの死闘の末に頂点に立った。

 錦織は前回の優勝後、決勝で9連敗中だった。どうしてもあと一歩が届かなかったが、2019年の初戦で勝負弱さを見事に払拭。悲願のグランドスラム制覇へ、最高のスタートを切った。

 完全復活だ。2017年の途中に右手首を痛め、2018年の復帰戦はチャレンジャーツアーの1回戦で世界238位の選手に敗れた。最高で4位だった世界ランクは、4月には39位まで落ち込んだ。それでも徐々に調子をあげて全米オープンで4強進出するなど、再びトップ10返り咲き。あとは優勝のタイトルだけだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集