[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メイウェザー、“マネーの流儀”に再脚光 米3階級王者「彼はあまりに敗北を恐れる」

格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)で、キックボクシングの那須川天心(TARGET)に139秒でTKO勝ちを収めたボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)。

格闘技イベント「RIZIN.14」で対戦した那須川天心(手前)とフロイド・メイウェザー【写真:Getty Images】
格闘技イベント「RIZIN.14」で対戦した那須川天心(手前)とフロイド・メイウェザー【写真:Getty Images】

メイウェザーとも戦ったモズリー氏がマッチメークについて分析

 格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)で、キックボクシングの那須川天心(TARGET)に139秒でTKO勝ちを収めたボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)。キャリア50戦全勝のレジェンドはエキシビションマッチで10億円とも言われるファイトマネーを手に入れたが、かつてメイウェザーに敗れた、米国の元世界3階級制覇王者は「彼はあまりに敗北を恐れている」と無敵を誇るレジェンドのマッチメークを分析している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 キックボクシング界の神童と呼ばれた那須川を子供扱いにしたメイウェザー。大晦日のリングでのワンサイド勝ちが、世界中に波紋を広げる中、引退後も巨万の富を稼ぎ続ける「Money(金の亡者)」の流儀について、元世界3階級制覇王者の“シュガー”こと、シェーン・モズリー氏が米テレビ局「FOX」のトークショー「フェアゲーム」に出演し、持論を展開している。

「フロイド・メイウェザーは伝説的なアスリートです。ですが、レジェンドとは競争心がなければいけないと、あなたは仰っていました。彼は戦うべきファイトで逃げることでも悪名が高いですよね?」

 司会のクリスティーン・リーヒー氏からこう質問されたモズリー氏は「フロイドはあまりに敗北というものを恐れているのです」と答えている。

 キャリア61戦の中で10度敗戦(49勝)しているモズリー氏。2010年5月にはメイウェザーと対戦し、0-3で判定負けを喫している。同氏は50戦全勝の男の根源には、敗北への恐怖感が存在すると指摘している。

「彼は(私と)異なる時代で戦ってきた。私の時代は誰が最強か、というもの。自分の前を遮る者は誰とでも戦うという時代だった。フロイドの時代は、自分は絶対に負けないということを彼が作り上げた。敗北で全てが台無しになってしまうというものだ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集