[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メイウェザー戦の“フェイク疑惑”をスペイン紙が検証「致命的なブローかダイブか」

格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)で、ボクシング元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)に1回2分19秒でTKO負けを喫したキックボクシングの那須川天心(TARGET)。圧倒的な強さを見せつけたメイウェザーが10億円といわれるファイトマネーを手にしたエキシビジョンマッチは、海外で様々な波紋を広げているが、スペイン紙では3度目のダウンシーンに注目。「致命的なブローか、嘆かわしいダイブか」と検証を行っている。

那須川を下したメイウェザー【写真:Getty Images】
那須川を下したメイウェザー【写真:Getty Images】

波紋を呼んだ那須川戦をマルカ紙が特集「ネットワークで大激論」

 格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)で、ボクシング元5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)に1回2分19秒でTKO負けを喫したキックボクシングの那須川天心(TARGET)。圧倒的な強さを見せつけたメイウェザーが10億円といわれるファイトマネーを手にしたエキシビジョンマッチは、海外で様々な波紋を広げているが、スペイン紙では3度目のダウンシーンに注目。「致命的なブローか、嘆かわしいダイブか」と検証を行っている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 50戦全勝でPFP最強と呼ばれたメイウェザーが実力健在を見せつけた大晦日。一方的な展開から米総合格闘界、大物プロモーター、メディアから「茶番」「フェイク」といった声が上がっていた。

 そんな中、スペイン地元紙「マルカ」電子版は「ネットワークで大議論 メイウェザーの致命的なブローなのか、ナスカワの嘆かわしいダイブか」と特集を組み、“フェイク論”を検証。注目したのは、試合が決した那須川の3度目のダウンシーンだ。特集ではこのように指摘している。

「若いテンシン・ナスカワはわずか138秒(実際は139秒)しか戦いを続けることができなかった。しかしながら、日本人のダウンの中の1つがネット上で大きな物議を醸している。フロイドのブローはかなり弱いのに、転倒の中でダブルジャンプをしている。かなり奇妙だ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集