[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ボクシング界最強の男は誰?」 井上尚弥、海外メディア特集の6人に堂々選出

ボクシングのWBAスーパーミドル級タイトルマッチでミドル級2団体王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)が3回2分38秒TKOで王者のロッキー・フィールディング(英国)に圧勝し、3階級制覇を成し遂げた。盛り上がりを見せる世界のボクシング界で、海外メディアは「ボクシング界最強の男は誰なのか?」と特集。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝進出を決めたWBA王者・井上尚弥(大橋)も堂々の最強候補の一角に選出されている。

WBSSバンタム級準決勝進出を決めた井上尚弥【写真:Getty Images】
WBSSバンタム級準決勝進出を決めた井上尚弥【写真:Getty Images】

「FOXスポーツ」アジア版で最強候補に選出「バンタム級で嵐を起こす兆候あり」

 ボクシングのWBAスーパーミドル級タイトルマッチでミドル級2団体王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)が3回2分38秒TKOで王者のロッキー・フィールディング(英国)に圧勝し、3階級制覇を成し遂げた。盛り上がりを見せる世界のボクシング界で、海外メディアは「ボクシング界最強の男は誰なのか?」と特集。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝進出を決めたWBA王者・井上尚弥(大橋)も堂々の最強候補の一角に選出されている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

「カネロ、クロフォード、ロマチェンコとその他のパウンド・フォー・パウンド(PFP)の競争者たち」と特集したのは、米大手テレビ局「FOXスポーツ」のアジア版公式サイトだった。

 フィールディングを強烈なボディショットで圧倒したカネロ。17階級のプロボクサーの強さを比較するPFPでも存在感をアピールしたが、特集では「アルバレスは3階級制覇王者となったが、それで彼はPFP最強のファイターになりえるのか?」と問題提起している。

 アルファベット順で6人のメガファイターが並ぶ中、「Naoya Inoue」は3階級制覇王者テレンス・クロフォード、4階級制覇王者マイキー・ガルシアという米国の全勝王者に続いて登場。記事では、こう紹介されている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集