[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

完全復活への1勝 錦織が全仏初戦で感じた“高まり”「感覚はすごくいいです」

3年連続初戦突破を決めた日本のエースは、21歳の新鋭のビッグサーブに苦しめられたが、3セット連取で格を示した。右手首の痛みなど今季は故障に苦しんできたが、「フィジカル的にはかなり強くなった」と完全復活に自信を見せた。ATPワールドツアー公式サイトが報じている。

全仏3年連続初戦突破、故障に苦しんできた錦織「フィジカル的に強くなった」

 テニスの全仏オープンは3日目の30日、男子シングルス1回戦で世界ランキング9位・錦織圭(日清食品)が196センチの長身、タナシ・コッキナキス(オーストラリア)と対戦し、4-6、6-1、6-4、6-4の逆転勝利を挙げた。3年連続初戦突破を決めた日本のエースは、21歳の新鋭のビッグサーブに苦しめられたが、3セット連取で格を示した。右手首の痛みなど今季は故障に苦しんできたが、「フィジカル的にはかなり強くなった」と完全復活に自信を見せた。ATPワールドツアー公式サイトが報じている。

 身長196センチの21歳の新鋭のビッグサーブに第1セットをいきなり失う展開になったが、錦織は47本のウィナーを炸裂させ、7度目の参戦となった全仏初戦を勝利で飾った。

「今日はタフな試合だった、重要な場面で彼はいいプレーをしていたと思う。僕は3セットと4セット目から少しプレーが良くなってきた。感覚はすごくいいです。完璧な試合とはいきませんでしたが、それでも初戦と考えれば、大会のいいスタートになったと思います」

 記事によると、こう語ったという錦織だが、今季は苦しいシーズンを過ごしていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集