[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 埼玉の12歳VSナイジェリアの41歳 卓球世界選手権、女子で仰天の「29歳差対決」が話題

埼玉の12歳VSナイジェリアの41歳 卓球世界選手権、女子で仰天の「29歳差対決」が話題

12歳VS41歳――。ドイツ・デュッセルドルフで開幕した卓球の世界選手権。世界女王の座をかけた女子シングルスで、日本国籍を持つ12歳の少女が、ナイジェリアの41歳ベテラン選手と対戦するという仰天の「年の差対決」が実現し、大きな話題となっている。

相手の息子より2歳若い12歳小野立夢、実の親子以上の「年の差対決」実現…結末は?

 12歳VS41歳――。ドイツ・デュッセルドルフで開幕した卓球の世界選手権。世界女王の座をかけた女子シングルスで、日本国籍を持つ12歳の少女が、ナイジェリアの41歳ベテラン選手と対戦するという仰天の「年の差対決」が実現し、大きな話題となっている。国際卓球連盟(ITTF)が公式サイトで報じ、インスタグラムでは親子並みに年が離れた2人の笑顔のツーショット写真を掲載し、注目を浴びた。

 29日の予選ラウンドでフィリピン代表の12歳、小野立夢(りずむ)はナイジェリア代表の41歳のオルフンケ・オショナイケと激突した。

 試合はオショナイケが死闘の末、15-13、11-8、12-10、8-11、6-11、12-10で勝利。ベテランの意地を見せ付けた格好になった。試合後、「人生でここまでナーバスになったことはなかったと認めざるを得ないわね」と語った上で驚きの事実を明かしたという。

「私の14歳の長男よりも若い少女とプレーするなんて……。彼女があまりに才能豊富なので、私は恐れていたの。試合前からよく眠れなかった。彼女を倒せなければグループステージに進出できないということもわかっていたから」

 なんと、相手の小野は実の息子よりも2歳若かったというのだ。

1 2 3 4
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー