[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ラケットがぐにゃり… 注目の20歳ズベレフ、初戦敗退 太ももで怒りの相棒“破壊”

ラケットがぐにゃり… 注目の20歳ズベレフ、初戦敗退 太ももで怒りの相棒“破壊”

テニスの全仏オープンは3日目の30日、男子シングルス1回戦が行われ、第9シードの20歳、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は日没サスペンデッドで持ち越されていた世界ランキング37位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)戦に4-6、6-3、4-6、2-6で破れ、初戦敗退。試合中は劣勢中に苛立ち、自らの太ももでラケットをぐにゃりと曲げて破壊する動画がトルコ放送局「ユーロスポーツ トルコ」で紹介されるなど、優勝候補に推す声もあった新星が後味の悪い黒星を喫した。

全仏1回戦、V候補の新鋭がベルダスコに敗戦、終盤いら立ち爆発でラケット叩きつけ…

 テニスの全仏オープンは3日目の30日、男子シングルス1回戦が行われ、第9シードの20歳、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は日没サスペンデッドで持ち越されていた世界ランキング37位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)戦に4-6、6-3、4-6、2-6で破れ、初戦敗退。試合中は劣勢中に苛立ち、自らの太ももでラケットをぐにゃりと曲げて破壊する動画がトルコ放送局「ユーロスポーツ トルコ」で紹介されるなど、優勝候補に推す声もあった新星が後味の悪い黒星を喫した。

 フラストレーションが最高潮に達した。ズベレフは感情を自らの“相棒”にぶつけてしまった。前日は0-1の第2セットを奪い返したところで日没サスペンデッドに。しかし、この日の再開後の第3セットも落とし、崖っぷちの劣勢で迎えた第4セットだった。

 自らのショットにミスが出た。すると、いら立ちが我慢できなくなったのか、突如として、ラケットを赤土に叩きつけた。怒りは収まらない。転がったラケットを拾い上げると、先端とグリップを両手で持って上半身を屈め、太ももに押し当てて力を込めた。次の瞬間、ラケットは無残にもぐにゃりと折れ曲がってしまった。

 しかし、その後もリズムを取り戻すことはできず、セットカウント1-3でローラン・ギャロスを去ることになってしまった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー