[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ザギトワ「私はただナーバスだった」 悔しい2位発進「切り替えて進まなければ」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。女子のショートプログラム(SP)では紀平梨花(関大KFSC)が完璧な演技を披露し、82.51点の今季世界最高得点で首位に立った。平昌五輪金メダリストでファイナル連覇を目指すアリーナ・ザギトワ(ロシア)もミスはなかったが77.93点で2位。紀平との差は4.58点。8日(同9日)のフリーで逆転を狙う。

アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

ザギトワはノーミス演技も2位発進に反省しきり

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。女子のショートプログラム(SP)では紀平梨花(関大KFSC)が完璧な演技を披露し、82.51点の今季世界最高得点で首位に立った。平昌五輪金メダリストでファイナル連覇を目指すアリーナ・ザギトワ(ロシア)もミスはなかったが77.93点で2位。紀平との差は4.58点。8日(同9日)のフリーで逆転を狙う。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 まさに異次元の戦いだった。ザギトワも決して悪くはなかった。しかし上がいた――。3つのジャンプはしっかりと決めて、加点も獲得した。構成点(PCS)は35.83点で紀平(35.15点)を上回ったが、技術点(TES)で5点以上差がつけられた。

 今季、4試合目で首位以外でのスタートは初めて。IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」は公式ツイッターで、演技後のザギトワのコメントを紹介している。

「私はただナーバスだったんだと思います。とにかくナーバスだった。それで頭がいっぱいでした。そのことばかり考えて、心も離れてしまっていた。だけど、切り替えて進まなければならない」

 こう振り返り反省しきりだったようだ。ただ思い返せば、昨年のこの大会もSP2位からの逆転優勝だった。4.58点差は十分に射程圏。フリーでは紀平を追う女王の底力にも注目が集まる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集