[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

100万再生突破 21歳有望株の“一人舞台ダンク”に「プレー・オブ・ザ・イヤー」の声

米プロバスケットボール(NBA)で圧巻の“一人舞台”シュートが決まった。ヒートのバム・アデバヨが自身でブロックショットを決めた後、そのまま相手ゴールに向かい、リバウンドからダンクを披露。NBAは「プレー・オブ・ザ・イヤー?」として動画を紹介し、再生回数が100万回を突破するなど、大反響を呼んでいる。

マイアミ・ヒートのバム・アデバヨ【写真:Getty Images】
マイアミ・ヒートのバム・アデバヨ【写真:Getty Images】

ブロック→リバウンドダンクまで…アデバヨの一人舞台が話題に

 米プロバスケットボール(NBA)で圧巻の“一人舞台”シュートが決まった。ヒートのバム・アデバヨが自身でブロックショットを決めた後、そのまま相手ゴールに向かい、リバウンドからダンクを披露。NBAは「プレー・オブ・ザ・イヤー?」として動画を紹介すると、再生回数が100万回を突破するなど、大反響を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 まさに一人舞台だった。4日(日本時間5日)のマジック戦。第2クオーター残り9分の場面だ。アデバヨは相手のシュートに対して、208センチの長身を生かした驚異の跳躍でブロックに成功。拾ったケニー・オリニクがそのまま持ち上がり3Pシュート。これは惜しくも外れたが、リバウンドに反応したのがアデバヨだった。

 再び高く跳び上がると、リバウンドをそのままダンクで叩き込んだのだ。実況は絶叫。スタンドからも大歓声。一人で止めて、一人で決める――。圧巻の一部始終をNBAは公式インスタグラムで「プレー・オブ・ザ・イヤー? バム・アデバヨはブロックで終わらせ、さらに点まで奪った」とつづり動画で公開。21歳有望株のプレーに現地ファンは唸っている。

「クールだ」
「NBAのストリートブロックだ」
「このブロックは美しい」
「プレー・オブ・ザ・イヤー」
「魔法だ」
「彼はバレーボールでもやってるのか?」
「クレイジー」
「2つとも見事だ」
「神だ」

 などと反響のコメントが続々とつけられ、動画の再生回数は100万回を突破。チームは敗れたが、有望株の圧倒的なプレーは、この試合のハイライトとなった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集