[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カナダの英雄チャン、GPファイナルのアンバサダー就任 4月に現役引退、羽生の好敵手

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日、カナダ・バンクーバーで開幕する。男子では宇野昌磨(トヨタ自動車)、ネイサン・チェン(米国)。女子ではアリーナ・ザギトワ(ロシア)、紀平梨花(関大KFSC)の16歳対決にも注目が集まっているが、大会を盛り上げるアンバサダーに、地元カナダのレジェンドが就任することが明らかになった。米誌が伝えている。

世界選手権3度優勝のパトリック・チャン【写真:Getty Images】
世界選手権3度優勝のパトリック・チャン【写真:Getty Images】

世界選手権3度優勝のチャンが大会アスリートアンバサダーに就任

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日、カナダ・バンクーバーで開幕する。男子では宇野昌磨(トヨタ自動車)、ネイサン・チェン(米国)、女子ではアリーナ・ザギトワ(ロシア)、紀平梨花(関大KFSC)の16歳対決にも注目が集まっているが、大会を盛り上げるアンバサダーに地元カナダのレジェンドが就任したという。米誌が伝えている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 世界を沸かせた名スケーターがGPファイナルの舞台に帰ってくる。27歳のパトリック・チャン(カナダ)は2011年から世界選手権を3度制し、2014年のソチ五輪では羽生結弦に次ぐ銀メダル。平昌五輪では個人では9位だったが、団体で悲願の金メダルを獲得した。4月に競技から引退を表明。高いスケーティング技術で、羽生らとしのぎを削り、日本でも人気が高かった。

 米専門誌「IFSマガジン」のツイッターによると、「パトリック・チャンが2018年グランプリ・ファイナルのアスリートアンバサダーに名を連ねた」として、チャンのコメントも紹介。「アンバサダーに就任…それは特別な栄誉だ。このイベントは多くの思い出を僕に運んでくれる。そして、今週バンクーバーで戦う全ての選手にとって特権でもある」と語っている。

 GPファイナルには2010年から6度出場し、2度優勝。カナダの伝説的名手の姿にも、注目が集まりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集