[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ザギトワは「脆い本命」!? 鮮烈デビュー紀平梨花とのシニア初対決に米放送局注目

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日、カナダ・バンクーバーで開幕する。女子の頂上決戦はロシアと日本から3選手ずつが出場する中、米中継局では今大会を展望。男子シングルでは初優勝を狙う平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)をネイサン・チェン(米国)の「最大の脅威」と紹介。そして、女子シングルでは鮮烈なシニアデビューを飾った紀平梨花(関大KFSC)の台頭で、女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)は「脆い本命」と評されている。

シニア初対決に注目が集まるザギトワ(左)と紀平【写真:Getty Images】
シニア初対決に注目が集まるザギトワ(左)と紀平【写真:Getty Images】

米放送局がGPファイナルの見どころを紹介

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日、カナダ・バンクーバーで開幕する。女子の頂上決戦はロシアと日本から3選手ずつが出場する中、米中継局では今大会を展望。男子では初優勝を狙う平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)をネイサン・チェン(米国)の「最大の脅威」と紹介。そして、女子では鮮烈なシニアデビューを飾った紀平梨花(関大KFSC)の台頭で、女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)は「脆い本命」と評されている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「2018年グランプリファイナルをいかに見るか」と特集したのは、米国で大会を中継する放送局「NBCスポーツ」電子版だった。

「世界選手権王者のチェンは明確な優勝候補だ。2度の五輪金メダリストのユヅル・ハニュウは2年連続で足首の故障で欠場となる」

 先月のロステレコム杯の練習で右足首を負傷しながら、不屈の闘志で優勝した羽生の欠場を伝えつつ、優勝候補はチェンと予想。「エール大学1年生にとって最大の脅威は、五輪と世界選手権銀メダリストの日本のショーマ・ウノだ」と分析し、宇野を米国のエースにとって最強のライバルになると評価している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集