[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2018】井上尚弥、戦慄の別アングルKOの決定的瞬間に海外記者悶絶「パヤノの顔を見よ!」

12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回はボクシングの井上尚弥(大橋)。バンタム級の初防衛戦で、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の1回戦。フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をわずか70秒でマットに沈めたが、海外記者が倒す瞬間を完璧なアングルから捉えた動画を公開。あまりの衝撃に、海外に戦慄が走った。

バンタム級の初防衛戦でパヤノを下した井上尚弥【写真:Getty Images】
バンタム級の初防衛戦でパヤノを下した井上尚弥【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―10月、井上の衝撃的なKOシーンに世界が震撼

 12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回はボクシングの井上尚弥(大橋)。バンタム級の初防衛戦で、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の1回戦。フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をわずか70秒でマットに沈めたが、海外記者が倒す瞬間を完璧なアングルから捉えた動画を公開。あまりの衝撃に、海外に戦慄が走った。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

 その瞬間はロープ越しに克明に捉えられていた。ステップインした井上がストレートのような左ジャブを出した次の瞬間、電光石火のスピードで渾身の右がパヤノの顔面を捉えた。

 勝利を確信したモンスターは右手を高々と挙げる中、カメラはリングに大の字に倒れこんだパヤノを追った。猛者は必死に立とうとするが、足が動かない。虚ろな表情のパヤノは何とか跪いたところで、レフェリーがストップ。衝撃のKO劇はあっという間の閉幕となった。

「イノウエのノックアウトを新たなアングルで。キャンバスに倒れたパヤノの顔を見よ!」

 世界ボクシング殿堂の選考委員を務める専門記者のダニエル・アティラス氏はツイッターでこう伝えている。キャリアで一度もKO負けがなかったパヤノの茫然自失の表情、そして、勇敢な猛者の心をへし折ったワンツーの威力を表現している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集