[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生、ISU公式のGPハイライト特集に登場 16歳紀平は「新星出現」の筆頭に

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズは全試合を終え、GPファイナル(バンクーバー)の出場選手が出揃った。国際スケート連盟(ISU)は今季の全6戦を回顧。日本勢では羽生結弦(ANA)、紀平梨花(関大KFSC)が取り上げられている。

GPシリーズを制した羽生結弦(左)と紀平梨花【写真:Getty Images】
GPシリーズを制した羽生結弦(左)と紀平梨花【写真:Getty Images】

ISU公式サイトが全6戦を総括「この6週間で何が起こったか振り返ろう」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズは全試合を終え、GPファイナル(バンクーバー)の出場選手が出揃った。国際スケート連盟(ISU)は今季の全6戦を回顧。日本勢では羽生結弦(ANA)、紀平梨花(関大KFSC)が取り上げられている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 世界6か所で熱戦が繰り広げられたGPシリーズ。ISUは公式サイトで「3つの大陸の6つの国で6つの大会が:GPシリーズのハイライト」と特集し、「このGPシリーズで起こった出来事、この6週間で何が起こったのか振り返ってみよう」と回顧している。

「ジャンピングハイ」と題した最初の項目では、まず羽生を特集。「五輪覇者のユヅル・ハニュウはヘルシンキ大会で今季最高得点を叩き出した。彼はまた、ユニークな4回転トウループと3回転アクセルの連続技を成功させた」。史上初めて決めた高難度コンビネーションを決めるなど、鮮烈な印象を残したことを伝えている。

 一方で「ところで、この日本人のスーパースターには、一体いくつのプーさんが投げ入れられたのだろう?」と今季もフィンランドとロシアの地で“プーさんの雨”が降り注いだことをレポート。残念ながら右足首の負傷のため、ファイナル欠場が決まったが、再びリンクが黄色く染まる日を誰もが待ち望んでいる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集