[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タカマツが貫録勝ちでV王手 快進撃のサクタカも脱帽「五輪の金メダリストは違う」

初の4強入りを果たした若き注目ペアに、五輪女王が高い壁として立ちはだかった。全日本総合バドミントン選手権は1日、駒沢体育館で各種目の準決勝を行い、女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)はストレート(21-17、21-11)で櫻本絢子、高畑祐紀子組(ヨネックス)を破って、決勝進出を決めた。翌2日の決勝では、世界ランク1位の福島由紀、廣田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)と対戦する。

櫻本、高畑組を破って決勝進出を決めた高橋、松友組【写真:平野貴也】
櫻本、高畑組を破って決勝進出を決めた高橋、松友組【写真:平野貴也】

リオ五輪金メダル高橋、松友組が櫻本、高畑組に技量の違いを見せつける

 初の4強入りを果たした若き注目ペアに、五輪女王が高い壁として立ちはだかった。全日本総合バドミントン選手権は1日、駒沢体育館で各種目の準決勝を行い、女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)はストレート(21-17、21-11)で櫻本絢子、高畑祐紀子組(ヨネックス)を破って、決勝進出を決めた。翌2日の決勝では、世界ランク1位の福島由紀、廣田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)と対戦する。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 注目された準決勝で2016年リオデジャネイロ五輪の金メダリスト「タカマツ」ペアが、技量の違いを見せつけた。試合の序盤にリードを奪ったのは、世界ランク10位の櫻本、高畑ペア。準々決勝で世界ランク6位の米元小春、田中志穂組(北都銀行)を破り、勢いに乗る若手ペアだ。10点目を奪った場面では、両ペアとも好レシーブが多く、会場にどよめきが生まれる長いラリーとなったが、櫻本のドロップショットで制し、11点目の折り返しも先に奪った。しかし、17-14とリードした第1ゲームの終盤から、五輪女王が本領を発揮した。

 前衛の松友がラケットを立てて、積極的にシャトルを捉えてラリーの主導権を握り、攻撃が得意な相手を守勢に追いやった。松友は「ずっと2点くらいの差がついていた場面で、17-18くらいで追いつければ、ガッと行けると思っていた。あの場面でテンポを変えられたのは良かった」と振り返った。連続7得点で21-17と逆転で第1ゲームを制すると、第2ゲームは主導権を譲らず、21-11で押し切った。カウンターとなる好返球を何度も見せた高橋は「思った以上に良い球が行って、笑った」と笑顔を見せた。気持ちにも余裕があったという。「いつも序盤はリードされることが多いけど、やられているという感じはなく、ちょっとしたミスで点を取られていたので、焦らずにゆっくりやっていけば、ひっくり返せると思っていた」と冷静に試合を振り返った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集