[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗、手足震える重圧の中で初戦を突破 「日本のエースとして優勝したい」

全日本総合バドミントン選手権大会は、28日に駒沢体育館で1回戦を行い、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は、ストレート(21-18、21-7)で山口容正(Shuttle&Sons)を破り、翌29日の2回戦に進んだ。今季、世界選手権を制し、世界ランク1位となった桃田にとって、国内大会は勝って当たり前と見られるプレッシャーの中での戦いとなる。緊張しやすい初戦は、動きに硬さが見られる部分もあり、第1ゲームは序盤に7点のリードを得たが、中盤に15-15で追いつかれ、一時逆転を許す場面もあった。

桃田賢斗はストレート勝ちで2回戦に進んだ【写真:平野貴也】
桃田賢斗はストレート勝ちで2回戦に進んだ【写真:平野貴也】

桃田は第1ゲームで苦戦も29日の2回戦進出

 全日本総合バドミントン選手権大会は、28日に駒沢体育館で1回戦を行い、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は、ストレート(21-18、21-7)で山口容正(Shuttle&Sons)を破り、翌29日の2回戦に進んだ。今季、世界選手権を制し、世界ランク1位となった桃田にとって、国内大会は勝って当たり前と見られるプレッシャーの中での戦いとなる。緊張しやすい初戦は、動きに硬さが見られる部分もあり、第1ゲームは序盤に7点のリードを得たが、中盤に15-15で追いつかれ、一時逆転を許す場面もあった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 桃田は「強い意識を持ってコートに入ったけど、足が震えて緊張した。16-17で負けているときに、ネット前でやられてから吹っ切れてギアを上げられた。相手の方が高い位置でシャトルを触れていたので、自分がもっと高い位置で触ってプレッシャーをかけようと思った。そこから相手のミスが増えた」と少し笑みを浮かべながらも冷静に試合を振り返った。

 苦戦の要因は、最も得意とするネット前へ沈めるコントロールショットで主導権を握り切れなかったところだ。桃田は「ネット前は消極的で踏み込めなかった。手が震えていて、あまり繊細なショットを打てなかった」と明かした。初戦の難しさを感じる第1ゲームだったが、16-18から5連続得点で勝利。第2ゲームは、圧勝した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集