[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、日本人初の米リング誌表紙登場に海外ファンも興奮「君はそれに値する」

ボクシングWBA世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が世界で最も権威ある米国のボクシング専門誌「リング」の表紙を飾ることになった。井上が自身の公式インスタグラムで表紙の画像を公開。海外ファンからも拍手が送られている。

WBSSバンタム級で準決勝に進んでいる井上尚弥【写真:Getty Images】
WBSSバンタム級で準決勝に進んでいる井上尚弥【写真:Getty Images】

自身が飾ったリング誌の表紙を公開

 ボクシングWBA世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が世界で最も権威ある米国のボクシング専門誌「リング」の表紙を飾ることになった。井上が自身の公式インスタグラムで表紙の画像を公開。海外ファンからも拍手が送られている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 井上がまた一つ快挙を成し遂げた。97年の歴史を持つ伝統のバイブル誌「リング」の表紙を日本人が飾るのは初めて。「The Ring」の題字に重なるように大写しになった自身の上半身の姿を中心に、左側には「井上尚弥」と漢字で、右側には「モンスター」の文字がカタカナで入っている。

 トランクスに刻まれた「明成塗装」も文字も目立つ。実にシンプルだが、だからこそ井上の存在感が際立つ表紙に仕上がっている。

 表紙のパネルを持つ自身の姿と共に、井上は「僕はボクシング誌『リング』2月号の表紙を飾る栄誉を受け取った。これはWBSSの準決勝の戦いに向けてさらなるモチベーションを与えてくれるだろう。ありがとう」と英語でつづり、感謝を表明。投稿には海外のファンも続々と拍手を送っている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集