[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

輝き取り戻した本田真凜、ベスト発進に海外メディア興奮「ワンダフルパフォーマー」

「力強いスピンとフットワークを披露した」

 フィギュア専門サイト「ゴールデンスケート」も「日本のマリン・ホンダはホワイト・ストライプスの“Seven Nations Army”に乗せて、シーズンベストの65.37点を稼ぎ出した。キョウト出身の17歳は始めのコンビネーションジャンプは回転不足だったものの、力強いスピンとフットワークを披露し4位につけた」と称えた。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 ジュニア時代から注目を集めていた本田。今季から練習拠点を米国に移し、ネイサン・チェン(米国)らを指導するラファエル・アルトゥニアンコーチの元でトレーニングを積んでいる。GPシリーズ第1戦のスケートアメリカでは右足痛の影響もあり8位に終わったが、フランスの地で新たに生まれ変わった姿を披露しようとしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集