[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベージェワ、自身の演技に「がっかり」 それでも前向き「戦うための場所ある」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯が23日に開幕。女子ショートプログラム(SP)では、三原舞依(シスメックス)が67.95点で首位発進。注目の16歳紀平梨花(関大KFSC)は67.64点で2位、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が67.55点で3位だった。平昌五輪の銀メダリストで世界選手権2度制覇のロシアの女王はラストのコンビネーションジャンプでミスが出たが、十分に逆転可能な点差。それでも「自分のパフォーマンスにがっかりしている」と振り返っている。

フランス杯SPで3位につけたメドベージェワ【写真:Getty Images】
フランス杯SPで3位につけたメドベージェワ【写真:Getty Images】

ラストの連続ジャンプで3回転が2回転となりSPは僅差の3位

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯が23日に開幕。女子ショートプログラム(SP)では、三原舞依(シスメックス)が67.95点で首位発進。注目の16歳紀平梨花(関大KFSC)は67.64点で2位、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が67.55点で3位だった。平昌五輪の銀メダリストで世界選手権2度制覇のロシアの女王はラストのコンビネーションジャンプでミスが出たが、十分に逆転可能な点差。それでも「自分のパフォーマンスにがっかりしている」と振り返っている。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

 青い衣装に身を包み、ナタリー・コールの「Orange Colored Sky」に乗せて舞ったメドベージェワ。冒頭の3回転ルッツは着氷させ、ダブルアクセルも綺麗に決めたが、後半の3回転フリップ―3回転トウループのコンビが2回転トウループとなり、最後まで笑顔はなかった。

 スケートカナダではSPで60.83点の7位と出遅れたが、今回は67.55点とまずまずのスタート。首位の三原まではわずか0.40点差だが、自身の演技には納得いっていないようだ。国際スケート連盟(ISU)公式サイトは演技後のコメントを紹介している。

「ショートプログラムはスケートカナダよりは良かったけれど、私はまだ自分のパフォ―マンスにがっかりしている。でも、スケートカナダのSPより調子が上がっている実感はある。私は今3位につけていて、戦うための場所がある」

 こう振り返り、納得こそいっていないが、手応えも口にしている。スケートカナダではフリーで巻き返し3位で終えた。この日もPCS(演技構成点)ではトップ。輝きを取り戻し、GPファイナル出場権を掴むつもりだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集